FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

飛蚊症

空や白い壁などを見ると、
視界に小さな黒い斑点やモヤモヤがうっすらと見え、それが動くことがあります。
蚊が飛ぶ、と書いて飛蚊症(ひぶんしょう)と言います。
医学用語では「muscae volitantes」とか「flying flies」と言うようです。
(IMEに加えた「眼科用辞書」による)


若い頃から、わりと飛蚊症の多い眼だったのですが、
最近、右目の症状が増えているような気がしていました。
今朝10時過ぎ、突然、右目の視界に、無数のうっすらとした斑点が現れ、
右上に、黒いモヤモヤしたものがうごめいています。
眼を動かしたり瞬きの度に形が変化します。
明らかに普通ではなく異常な症状です。


左目をふさぎ、右目の視野を確認すると、
大小の飛蚊症以外には、欠損した部分や、中心暗点、変視症、小視症は見当たりません。
房水への浸出液か、眼底出血かと想像できますが、
おそらく後者です。


眼科では点眼薬を使って散瞳(さんどう・ひとみを開く)するでしょうから、
自動車の運転は危険です。
ただ、歩いて行ける範囲に眼科は存在しないので、
サングラスを持って、自転車で行けるところにある眼科にすぐさま向かいました。
(私的には自転車で行ける範囲は片道100kmなのですけれど・・・)


実は、その眼科のドクターとは、
30年以上も前、私もそのドクターもまだ学生だったころ、
何度かお会いしたことがあるかたです。
私のことも覚えてくださっていて、しばし雑談の後、
検査をしていただきました。


案の定、鼻側下部の網膜裂孔とその周囲の剥離で、眼底出血を起こしていました。
病変部位が微妙な大きさなので、
レーザー治療で済ませられるか、大がかりな手術になるかのギリギリの線ということで、
大学病院の予約と紹介状をいただきました。
今度の定休日に検査に行ってきます。



今年は、親知らずと囊瘍の摘出術にはじまり、クローン病、
父親と母親の入院に続き、自分の網膜剥離と、なんか災難続きです。
まあ、前向きに考えると、
すべて早めに見つかって、早めに手当てできているのでラッキーともいえるのですけれど。



皆さんも、もし何か少しでも異常を感じたら、片目ずつふさいで視野の確認を。
いつもと同じか?
右と左で大きく違わないか?
などなどチェックして、異常を疑ったらすぐに掛かり付けの眼科に相談してください。
早期発見が予後の良否に関わります。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/784-e2a92751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)