FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

検索キーワード・71 平面とかプリズムとか

keyword_71.jpg


メガネ処方箋記載のPIANとは?

処方箋に記載されている文字は、
走り書き風に乱れていたり、カーボン複写で鮮明でなかったりして
見辛いことも多いです・・・^_^;


おそらくこれは「plano」「PLANO」の事だと思います。
「plan」「plane」などという表記も経験があります。

「plano」は「平面」という意味です。
「度数無し」ということなのですが、
「平面」ですと、「平べったい面」という意味にも取られかねません。

「片平レンズ」といいまして、
片面が平らな面で作られた凹レンズを「plano-concave」といい、
同じく片面が平らな面で作られた凸レンズを「plano-convex」といいますので、
ややこしさを防ぐ意味で、
「0.00D(ディオプトリー)」とするほうが確実だと思うのですが・・・。


プリズムメガネ 金沢市

このキーワードは良く見ます。
「プリズムメガネ 石川県」なども多いです。
プリズムメガネを扱っている県内市内のメガネ店を探していらっしゃるのかと思います。

もちろん、当店でも扱ってはいますが、
そもそもプリズムは特別なものだとも思っていません。

近視矯正用であろうと遠視や老眼の矯正用であろうと、
凹レンズは360°ベースが外側、
凸レンズは360°ベースが内側にあるプリズムレンズです。
すなわちメガネレンズは、すべてプリズムの集合体ですので、
メガネレンズを扱っていればプリズムレンズを扱っていることになります。
斜位に対するプリズムは、
たまたまそれが、屈折矯正ではなく、眼位の矯正に使われているというだけのことです。


尚、当店では「洩れなく」眼位の検査はします。
両眼視機能の検査のひとつです。
そして、眼位のズレが検出される確率は、6割を超えます。
ただその大くは軽微なズレなので、実際に矯正する確率はかなり減ります。
ドイツ式のアプローチならば、眼位のズレがあれば「洩れなく」矯正しますが、
アメリカ的なアプローチならば、必要な場合だけ最低限の矯正を行うことになります。
尤も、ドイツ式では、ズレのすべてを「必要な場合」と見做すということですけれども。


どういう場合にプリズム矯正するかは具体的には書きませんけれど、
お客様に利益が有ると予測される場合、矯正を「提案」します。
(最終的に決めるのはお客様です)


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/780-72a06244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad