FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

日本製眼鏡レンズ

富山県からお越しのお客様より、
「以前作って貰っていたお店では、レンズは日本製にこだわっていたんですけど、
こちらではいかがですか?」

という旨の質問がありました。

ちょうどホヤの営業マンが来ていたので、
氏も交えて、現在の生産国の状況を説明し、私の意見を申し上げました。


もちろん、YES!と答えたいところですが、
例えば、ホヤ、ニコン・エシロール、セイコーなど、
日本のナショナルブランドメーカーにレンズを発注しても、
Made in Japanのレンズが送られてくるとは限りません

いえ、むしろ、ハイエンドな一部の商品を除き、
ほとんどがタイやフィリピンなどの自社工場で作られたレンズが送られてきます。
中には、韓国、中国メーカーがOEM生産で作っているものもあります。


ですので、日本製にこだわるとしたら、これらのトップメーカーのレンズは
一部の高額なレンズの特注品のみしか使えません。

それでも、東海光学、伊藤光学、イトーレンズ、昭和光学、ホッタレンズ、日本レンズなどなど、
大部分を国内で製造しているメーカーはありますので、日本製に拘ろうと思えばそれは可能です。


しかしながら、納期や商品のバリエーション、薄型加工などの特殊加工などの理由で、
上記の大手メーカーのレンズを使いたい場面は多いです。
また、お客様の安心感とか信頼感も関係してきます。
聞いたことのないメーカーよりも大きなメーカー製のほうが安心していただけるように思います。


結論として、私のスタンスは、
日本のメーカーが国内工場と同じ基準で作っている自社工場製のものであれば、
生産国名には拘りません。
ただし、外国メーカーにOEM生産させているレンズは、基本的には使わないようにしています。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/637-fcf80154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)