FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

他店販売のサングラスのフィッティング

「ここで買ったものじゃないけれど、サングラスのフィッティングはして貰えるか?
して貰えるとしたらその費用は?」
と、他店購入のサングラスが持ち込まれました。


他店購入品の調整・修理に関しての私のスタンスは以下の通りです。

http://www.optpal.jp/fiting.htm

フィッティング調整や修理などのアフターケアの責任は購入店にありますので
お買い上げ後のアフターケアは購入店でやっていただくのが原則です
。」

商売上の観点からすると、おそらくこう言ってしまうのは損です。


商売人であれば、
他店購入フレームもお気軽にお持ちください。フィッティング調整は無料です
というのが上策でしょう。
無料の価値しか無いお粗末な技術で、
フィッティング調整をする振りをして恩を売りつけておけば、
後で利益に繋がるかもしれません。


私は商売人ではなく、技術者だと思っております。
技術者である以上、手を抜いたお粗末な仕事はしたくないし、
また、技術者であれば、自分の技術が無料というのも受け入れがたいものです。

そして、フィッティング調整するということは、
加熱や力学的な負荷を掛けることになるために、破損のリスクも生じてきます。
材質やその劣化の程度のわからないフレームは、
破損のリスクを考えれば触りたくないです。

外国製、特に東アジアの国で製造されたフレームには、
調整が困難なものも少なくないですし、
サングラスだと、矯正眼鏡に比べて作りが粗雑だったり、
そもそも顔に適合していないサイズであることもあり得ます。

だから、他店購入の外国製フレーム、サングラスの調整は、
お引き受けできかねる場合が多いです。


万が一触って、不可抗力で破損してしまった場合は、誰が責任をとるのか。

以前にも書いておりますが、

http://optpal.blog.fc2.com/blog-entry-171.html

持ち込んだ側、持ち込まれた側、
お互いにとって不幸な結果になりますので、
可能な限り購入店に持ち込んだ方が無難です。


「あのメガネ屋は横着だ」
「あのメガネ屋は偉そうだ」
「あのメガネ屋はケチだ」
などと思われることもあるでしょう。

それでも、
眼鏡販売の本質を弁えない、フィッティングが出来ない店、フィッティングを放棄した通販業者などが
氾濫しているこんな時代だからこそ
アフターケアの責任は、販売店と消費者にある
という原則はご理解いただきたいと思います。

金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/449-c2af922d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)