FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

鏡面加工と特殊面取加工

富山県からご来店いただいたお客様のメガネです。

150318_1.jpg

サイズ55□17という今風の大きめのナイロールフレームに
R=Sph-7.50D ADD1.25
L=Sph-7.75D ADD1.25
という累進レンズが入っていました。

150318_2.jpg

斜めにゴッソリと取られた鏡面状の面取りで、最大厚5.5mmくらいに収まっていますが、
ギラギラテカテカと輝き、正面から見た時のウズもやはりギラギラとしています。

昨秋、「強度レンズのブリリアントカット」という記事でご紹介したのと同じお店で、
一月ほど前に購入されたそうですが、
購入時に、強度近視でレンズの厚みに悩んでいる旨を相談したところ
任せてください!」と威勢の良い返事が返ってきたものの、
強度近視をアピールしているようなもの(お客様談)」と、
余りのウズの酷さにガッカリされてしまい、
当店に駆け込んでいらっしゃいました。
実際、お客様の仰る通りで、レンズの厚み以上に強度近視感を感じます。


ご主人の技術で何とかして欲しい」と仰られるのですが、
こういう場合に有効な技術というものは、そもそも思い当たりません。(>_<)


累進レンズの近用部がかなり低い位置にあり、
面取り部分とナイロールフレーム用の溝があるので、
削って他のフレームに入れ替えると、近用部がかなり狭くなりそうです。

また、鏡面加工された部分を光らせないようにするのは可能ですが、
後面ばかりか、前面にまで面取りが入っているので、
仕上がりが想像も付きません。

ということで、練習用のレンズで実験してみました。

150318_3.jpg

当店の加工機(玉すり機)にも、鏡面加工や特殊面取りの加工モードは付いています。
付いているけれど、当店ではほとんど使いません。
私にとっては、ギラギラテカテカ光る鏡面加工は
何のメリットも感じません

この余計な機能のせいで、玉すり機の価格が2割ほど高くなっているので
レスオプションとして安くして欲しいと思うくらいです。

150318_4.jpg

保護テープでレンズ面をブロックして、
耐水ペーパーで擦り、軽くバフ布をあてることで、
鏡面部分の表面を荒らしてテカリを取ることはできます。

ギラギラテカテカは消えますが、面取りの部分はちょっと不自然な気もしますねぇ。(-_-;)
それでも、他者から見た強度近視感はいくらか減らせるのではないかと思います。
ただし、レンズ前面の鏡面部は触らない方が良さそうです。


いや、マジで、この手の鏡面面取りやめてほしい・・・・(-_-;)

金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/399-6aabe954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)