FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

不同視の相談

左右の屈折度数に差がある「不同視」のかたの相談を受けました。
主訴は「右が見えにくい。ブレて見える」です。

過去に作られたメガネ
R=Sph-5.00 Cyl-0.75 Ax130
L=Sph-3.00 Cyl-0.75 Ax180
    ↓
R=Sph-5.25 Cyl-1.00 Ax180
L=Sph-3.25 Cyl-1.00 Ax180
    ↓
R=Sph-5.25 Cyl-0.50 Ax135
L=Sph-3.25 Cyl-0.75 Ax180

どれも左右差がきっちり2ディオプトリです。
「差があるときは、強いほうを弱めたほうが良い。」と店員に説明されたようですが、
やはり根拠のない「2ディオプトリの差」に縛られているとしか思えません。

「2ディオプトリの差」とはこちらをご覧ください
→ http://optpal.blog.fc2.com/blog-entry-281.html


両眼開放屈折検査による完全矯正値は
R=Sph-6.50 Cyl-0.75 Ax120
L=Sph-3.75 Cyl-1.25 Ax5  2△B.in
を得ました。

網膜像の大きさに差がある「不等像視」は検出されませんでした。
見掛け上は2.75Dの左右差ですが、特にこの左右の乱視角度では、
垂直方向の度数差は約1.75Dと少なくなりますので、
当たり前に調節バランスを取った左右差で調製しました。
最初は、多少の違和感はあるでしょうが、簡単に克服できる左右差だと思います。

明らかに、「見えにくい。ぶれる。」という訴えがあるのですから、
どうして「試してみる」だけのことをしないのか不思議でなりません。

根拠のない「2Dの差」がひとり歩きしている悪しき症例と言えるでしょう。

金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/329-1daadd13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)