FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

偏光レンズはデリケートです

引き続き偏光レンズのおはなし。

偏光レンズには、大きく分けて2種類の製法があります。

旧来からの手法である2枚のレンズの間に偏光フィルムを挟むサンドイッチ式、
最近製品化されたレンズ前面に偏光特性を持つ薄膜を蒸着させるコーティング式です。

サンドイッチ式にも、接着、融着、熔着、あるいはその混合など、
細かい仕様の違いがあります。

現在、市場に出回っている偏光レンズは、圧倒的にサンドイッチ式が多いです。
比較的安価な既成サングラスでは、熔着式のトリアセテートやポリカーボネート、
高級な既成サングラス、度付き眼鏡レンズでは、接着式と融着式が多いはずです。

接着式と融着式は、光学性能としては良いのですが、少しデリケートな面があります。
特に接着式は水濡れに弱い傾向があります。
融着式でも経年劣化でレンズとフィルムが剥離を起こすことがあります。

IMGP2574.jpg

左のレンズは全体にフィルムとレンズが剥がれています。
右のレンズは、周辺部から剥離が始まっています。

水に濡れたらすぐに拭き取る、高温になる場所に置きっぱなしにしない、
長期の保管はケースに仕舞い湿気と乾燥を避けるなどのちょっとした配慮で、
レンズの寿命は大きく変わります。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/289-929e7246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)