FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

ややこしい眼?

立て続けに
「めんどうな客でごめんなさい」
「ややこしい眼でごめんなさい」
と平身低頭な女性のお客様がおふたかたいらっしゃいました。
そんなに恐縮されてもこちらが困るのですが・・・(苦笑)


プライバシーなので詳しいことは秘匿しますが、それぞれ、
「眼瞼下垂と不同視」「網膜の光凝固術後と角膜ヘルペス」といった複数の問題があり、
検査には慎重かつ時間が掛かる眼ではあったのですが、
おふたかたとも「大きな所(眼鏡店)に行くと面倒臭がられるかもしれない」
という懸念から、インターネットで調べて当店へご来店されました。

ありがとうございます。
当店では、面倒だとか、ややこしいだとか、
全く思いませんので大歓迎です。

むしろ、そういう仕事は私のレーゾン・デートルといいますか、
メガネ屋など、アチコチと飽和状態にある今の時代、
当店の存在価値を見出すのは、そういった需要に他なりません。


派手な広告宣伝をして多くの来店を促す店の場合、
検査台を長時間占有されることは効率の無駄になりますし、
低価格を訴求をする店は、コスト高に繋がるスキルのある店員は居ませんので、
どちらも「眼科へ行って処方箋を貰って来るように」と言われてしまう恐れが高いです。

で、眼科に行ったら行ったで、そこは、
一日に何十人、あるいは百人を遥かに超える患者さんの視力を、
限られた診療時間内で計らなければならない医療の現場です。
ひとりの患者さんの眼鏡処方に1時間を超える時間を割いてまで
親身に付き合って貰える眼科というのはどれだけあるでしょうか?


他覚的屈折検査のデータが得られないとき、あっても信頼できないとき、
自覚的屈折検査で良好な矯正視力が得られないとき、
自覚的屈折検査の結果にバラツキがあるとき、
こういう場面にはしばしば出会います。

こういうときにでも、簡単正確に自覚的屈折検査を行えるという
スペシャルな技は残念ながら存在しません。
基本通りのことを、丁寧に、何度でも繰り返すだけです。
被検者の肉体的(といえば大げさですが)精神的な疲労を観察しつつ、
休憩をはさみながら、基本通りの手技を複数回行い、
再現性のあるデータを導き出すことに尽きます。
再現性は信頼性とほぼイコール(≒)と考えます。


当店では、幸いと言いますか、(苦笑
ひとりのお客様に割ける時間はじゅうぶんに余裕がございますので、
お客様が納得されるまで、そして、私がじゅうぶんに納得できるまで、
精一杯相勤めさせていただきます。
(尚、検査で異常を感じた場合は、眼科を受診されるようにアドバイスいたします)

出来ましたら、待ち時間などご不便をお掛けしないように調整いたしますので、
事前にご連絡いただければ幸いです。

金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/286-24a8f7e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)