FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

合宿免許受講者

ご近所のかたですが、
いわゆる合宿免許という方法で、県外の自動車教習所を卒業、
運転免許センターの適性検査にて深視力が不合格になったというよくあるパターンの相談がありました。

事情をお伺いしているときに、左目が時々外側に泳ぐのに気が付きました。
カバー・アンカバーテスト、オルタネイトカバーテストをしてみると、右眼優位の間歇性外斜視でした。

自動車教習所でも、入所時、仮免などでも適性検査は確認するはずですが、
お決まりの「反転時の音を聞いてカウントしろ」というナンセンスなアドバイスで無理やり合格とされていました。
合宿免許は得てしてこうなります。
だって、カモがネギ背負って、入所希望者がもう玄関先まで来ているのですから。
無碍に追い返すわけにもいかないのは、まあ理解できないこともないですが・・・・

ともあれ、すでに教習所は卒業して、教習費用は会社に負担してもらっていて、
会社からは早く免許を取得しろ、と追い込まれている状況です。
なんとかして差し上げられれば良いのですが・・・・


使用中の眼鏡は
R=Sph-1.75D Cyl-0.50D Ax100
L=Sph-2.25D Cyl-0.50D Ax80
乱視角は、1度単位までは詳しく見ていなくて、だいたいこのくらいでした。プリズムは未矯正。

片眼遮閉屈折検査の後、眼位の測定と両眼視機能の評価ですが、
割と輻輳力があって、偏光視標(一部融像除去眼位)では、左眼に投影されている偏光像がかなり動きまして、
おおむね弛緩したと思われる状態では10△の外斜位でした。
プリズム・オルタネイト・カバーテストでは15△を少し超えるかの間歇性外斜視を呈していました。
オルタネイト・カバーテストは、融像を破った状態で検査するので、
融像刺激のある検査よりも眼位のズレが大きくなることは普通に起こります。

カバー・アンカバーテストで間歇性外斜視、ワース4灯検査でもやや複視気味、深視力も(-)です。
プリズム矯正の適応かと思われますが、さて、量はどうするか?

ドイツ式ならば、第二立体視から立体視前後反転で、全量をあぶりだして洩れなく矯正しますし、
アメリカ式ならば、プリズム分離で融像除去眼位を測定して、融像幅を測定して、シェアードの公式などを持ち出して計算します。
おそらく、ドイツ式では15~16△程度、
アメリカ式なら、輻輳側の融像(実性相対輻輳力)が割と大きいので、あまり大きな数値にはならない思います。

測定通り、計算通りに事が運べば簡単ですが、そうとはならずに、ここがスタートラインになります。
斜位近視の有無、レンズの厚み、美容的な部分なども勘案して、トライアンドエラーで最適値を探します。
仮に、何百、何千の統計データを集計したとしても、平均値や偏差値では語れない個人差があると思いますので
お客さんひとりひとりに合ったプリズム量を地道に探っていくしかないのではないかと思います。

プリズム量が決まったら、
両眼開放屈折検査で微調整、しっかり調節寛解して調節バランスを取って・・・
と、いつものルーティーン作業。

両眼視の状態があまり芳しいものではなかったので、ちょっと難儀するかと思いましたら、
案外、スムーズに深視力検査のボーダーラインまでは持っていけました。
お渡しした翌日に運転免許センターに行かれて、最初の1回で合格できたとご報告いただきました。


今回は無事に免許取得に至りましたが、誰でもそうなるとは限りません。
合宿免許を申し込む前に、一度、深視力が正常かどうかを確認したほうが確実です。
あるいは、入所時の適性検査で不合格だったら、いったん、入所手続きは見合わせたほうが良いです。
時間と費用を無駄にしないために。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/1447-8f7bdb3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)