FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

調整不可のフレームのフィッティング依頼

昨夕のことですが
「HPで見たが、メガネの調整をしてもらえるということで来た」
と若い男性の来店がありました。

こちらのページにある「●他店で購入されたメガネのフィッティング調整について
を見られたのだと思いますが、
むしろ、他店購入のメガネの調整はお引き受けいたしかねる、という方向に読み取れるはずだと思うのですけれど。

拝見すると、セル(アセテート材)フレームで、且つ、サングラスなので、
完全にお引き受けいたしかねる案件のものです。
おまけに、テンプルの幅が太すぎて、屈曲点の位置を変えられない構造のものでした。



当店は、「フィッティング調整余地のないメガネフレーム」は仕入れない方針ですので
同じようなものは在庫がないのですが、まあニュアンスだけでも伝わればよいかと思います。

200120_1.jpg

この画像の場合、黒い矢印の部分を「屈曲点」と言います。
この屈曲点を耳介の頂点に持っていって、曲げる量と方向を調整するのがフィッティングです。
そのためには、加熱してアセテート材を柔らかくする必要があります。

Aの位置では、何とか曲げられるかもしれませんが、Bの位置ではほとんど無理です。
力任せにやれば曲がるかもしれませんが、折れたり、ひび割れたりするリスクが伴います。

また、加熱にもリスクが伴います。
わずかに曲げる程度であれば、少し温める程度でもよいですが、
この場合、屈曲点をいったん伸ばして、位置を変えて曲げ込まないといけません。
かなり太めのテンプルなので、アセテート材の内部までしっかり加熱する必要があります。
加熱によって、表面にシワが寄ったり、最悪は溶けます。
さすがに36~7年もこの仕事をしていますので、溶かすほどのミスはしませんが・・・



昨日の案件は、この画像のB地点よりも太く曲げにくい場所に屈曲点を作らないといけない状況でしたので、
・お顔にまったく適合していないフレーム、調整余地の無いフレーム
にも該当する案件です。

屈曲点を無視して、横から頭を抱きかかえるような形にできないこともないですが、
鼻当ての高さも足りないようでしたので、どちらにしろ、「ずり下がらずにきちんと掛かる」のは無理でした。
他店購入品の「鼻盛り」もお引き受けできない条件に入ります。



私が、他店購入品のフィッティングに消極的なのは、不可逆的侵襲によるリスクを伴うからです。
小手先だけのごまかしでお茶を濁すことはできない性分なので、
私が納得するフィッティングをする際に伴う「削る」「盛る」「曲げる」などの過程で、
リスクが大きいと思われるときはお断りせざるを得ません。

「壊れてもいいからやってくれ」
ということならば、やらないこともないですが、
「わざと壊して新しいものを売りつける」などというケチな考えは全くないものの、
「わざと壊した」と思われることは不本意ですし、
「わざと壊したと思われている」と私が思うことすら嫌なので、やっぱり安易には引き受けにくいです。

実際にこんなことが起きるのです。

他店購入のメガネが折れた

初動で少し力を加え始めたら、いきなりパッキ~ンですもん。


万が一のことがあると、お互いに気まずいことになります。
フィッティング調整は購入のお店に依頼しましょう、ということです。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/1442-12df1daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)