FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

残余乱視について質問がありました

朝イチに、何やら「けったいな」電話がありまして・・・・

普通なら、
「○○の△△と申しますが、お聞きしたいことがありまして・・・云々」
という件からはじまるのが社会的な常識だとは思うのですけれども。

とりあえず、内容は、

S+0.50D C-1.00D Ax90の眼に、乱視軸を間違えてS+0.50D C-1.00D Ax180とした場合の残余乱視

という趣旨の質問でした。

要するに、
S+0.50D C-1.00D Ax90の眼に対して、
S+0.50D C-1.00D Ax180と処方を書き間違えたり、メガネ屋が間違えて作ってしまった場合
それを掛けた患者(消費者)はどうなるか?
ということです。



これに回答する場合、
相手がどういうレベルにあるかたかわからないと、非常に答えにくいです。
単なる一般の消費者のかたかもしれないし、同業者かもしれない、医療関係者かもしれません。
同業者、医療関係者にも、その知識レベルには差があります。
社会的な常識の点もそうですが、こういう事情もあるので、
自身の職種や立場みたいなものをあらかじめ名乗っていただきたいということです。


そこで職業を聞くと「検査に従事している」ということでした。
正直なところ、検査に従事しているかたがこれを疑問に思うとしたら、ちょっと不安になるレベルではあります。

結論として、残余乱視は倍になります。
とお答えすると、
符号は?
と聞かれました。

はぁ?
「符号」というのは、数字の頭に付いている「+」や「-」のことですが、
符号なんてどっちでも関係ないというかどちらでも表記可能です。
この場合の正確な残余度数は
S+1.00D C-2.00D Ax90
とするのが、まあ、わかりやすい表記ですが
S-1.00D C+2.00D Ax180
でも正解です。
この二通りの表記はどちらも同じ度数です。

度数変換と言いまして、眼鏡専門学校では、たぶん、最初の1週間のうちに習う基本です。
検査の場においては、調節力の介入を防ぐため
乱視レンズはマイナスレンズを使う事になるので、
普通はマイナスシリンダー(C-*.**)で表記することになりますが、
レンズの発注の段階で、プラスシリンダー(C+*.**)に変換しないといけない場合もあるので、
これは瞬時に頭の中で変換できるようにならないとダメです。


それと
この場合の考え方は?
と、これまた電話口で答えるのが難しい質問があったのですが、
まあ、考え方も何も、単純に ↓ です。
お馴染の(?)主経線で考えるとわかりやすいです。(たぶん)

190821_1.jpg

乱視というのは、眼の屈折異常と逆の屈折を持つレンズで相殺して屈折矯正するものです。(上段)
それを乱視軸を反対に間違えてしまうと、屈折異常の量が倍になります。単純にそれぞれを足すだけです。(下段)


今回の質問は、乱視軸が逆なだけなので、単純に残余乱視は倍になるだけですが、

S+0.50D C-1.00D Ax90と処方すべきところ、9を8に書き間違えてしまったとします。
つまりAx80になると、これは三角関数を駆使しての計算が必要です。

S+0.175D C-0.35D Ax130
度数変換しますと
S-0.175D C+0.35D Ax40
となります。


尚、こういう問い合わせは、電話よりもメールでいただいたほうが助かります。
来客中や手の離せない仕事中に電話を頂いてもお相手出来ない事もありますので。

メールなら手の空いたときに返事が出来るし、
もし残余乱視のような計算が必要な場合、正確に計算した返答ができるからです。
三角関数を暗算できるほどの優秀な脳みそは持ち合わせておりません。

尚、メールには、お名前と職種、連絡先くらいは記載をお願いします。
匿名のメールに対しては、それなりの返答しか出来ません。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/1368-d3820430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)