FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

ガラスの超高屈折レンズ

レンズの材質は、細かく分類するとたくさんあるのですが、
ざっくり分けると、プラスチックとガラスに大別されます。

今はプラスチックレンズが主流になりまして、
多くの眼鏡店の店頭からはガラスレンズが消えてしまいましたが
当店では今でも少ないですがガラスレンズを使います。
一番の理由は、屈折率の高さから、強度近視のメガネが薄く作れることです。
ケースとしては少ないですが、傷や熱に対する耐性を求められる事もあります。


プラスチックの優位な点は、軽い、UV400の紫外線カット、コーティングによる付加価値があります。
付加価値とは、帯電防止、曇りにくいレンズやブルーライトカットなどです。
ただし、メリットもデメリットもあるので、その付加価値が必要かどうかは状況に依ります。

そして、価格の面でもプラスチックが優位です。
色んなメーカーが作っていますので、競争の原理が働いて、
また流通量も多いため量産効果もあって価格がこなれています。

対してガラスレンズ。
プラスチックが登場する前の40年前に比べて需要は激減しています。
たぶん90%を大きく超えるほどの減少だと思いますが、
逆に、製造しているメーカーが無くなってきました。
昔、大阪の岸和田市や大阪市生野区の田島にたくさんあったレンズ工場の多くが廃業しました。
結果、競争が働かないし、物量も限られているので量産効果が無く、価格は高止まりしています。
「レンズメーカー」と呼ばれる会社はたくさんありますが、
現在は自社生産せずに、他社から買ったりOEM供給を受けて自社ブランドで販売している業態のところもあります。
ガラスレンズに関しては、仕様にも価格にも違いが見えないので、
ほとんどそうだと思います。

当店の場合、ガラスレンズを扱っているとはいえ、全体の6~7%程度です。
販売量としては非常に少ないので、メーカーに対して
「たくさん売るから安くしてーや!」
などと強気に価格交渉するのもままなりません。


強度近視のかたのために、ガラスレンズもなるべくお安く提供したいとは思っていますが、
こういう事情がありまして、なかなか難しい部分があります。
可能な限り利益を削っての現在の価格になりました。ご察しください。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/1289-5f9b7195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad