FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

老眼への誤解

実は今日もあったばかりなのですが、

「老眼を掛けると老眼が進むのは本当か?」
という質問を受けることが良くあります。
あるいは、
「老眼が進むから老眼鏡は嫌だ」
という声も聞くことがあります。


それは全くの誤解です。

老眼鏡を掛けるから老眼が進むのではなく、
老眼は加齢とともに進行し、
そこに老眼鏡の使用・不使用は関与しません。

老眼は、ピント合わせの能力(調節力)の低下によって起こります。
調節力の低下は、水晶体の硬化によって起こります。
水晶体は、水晶体嚢という袋の中に細胞があり、その袋から出ることはありません。
細胞分裂して古くなった細胞が、袋の端っこに追いやられて行って次第に硬化していきます。
この加齢によって起こる過程に、老眼鏡は無関係です。
つまり、老眼は、老眼鏡を掛けても進行するし、掛けなくても同じように進行するという事です。


よしんば、100歩譲って、もし老眼鏡の使用により、老眼の進行が多少早まったと仮定しても、
それはたいしたことではありません。
調節力は、いつかは無くなります。
個人差は多少ありますが、だいたい60歳前後で実用上ほぼゼロになります。
つまり、調節力が無くなるのがゴールだとしたら、
老眼鏡を掛けようと掛けまいとゴールは同じになります。
老眼鏡を掛けずに目の疲れを我慢してゴールに辿り着くのと、
老眼鏡を上手に使って楽にゴールに辿り着くのと、
どちらが得だと思いますか?
私だったら、眼精疲労などに悩まされず、楽にゴールに辿り付きたいです。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/1273-ffe2fbb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)