FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

内斜位の相談が続きました

内斜位による複視の相談が続きました。(同じく女性です)

脳外科でMRI検査の結果、異常無し。
有名な眼科開業医のもとを訪れると、異常無しで、サンコバと思われる点眼薬と
ビタミン剤を処方されて様子をみましょう、とのこと。

プリズムレンズの要望をしたところ、
理由の説明も曖昧に「必要無いでしょ」で一蹴されたという事で、
「途方に暮れて(お客様の弁)」当店に電話をしてこられまして、
当日のうちにご来店されました。


単眼を遮蔽しての屈折検査で弱度~中等度の近視性乱視がありました。
カバー・アンカバーテストでは内斜位、
オルタネイトカバーテストでは、10△は遥かに超えるであろう量の内斜位の動きを見ました。

近視の内斜位は、まず球面調整で様子をみますが、全く変わらず。
右目に6△を基底外方に入れ、左に5△(6△は基底が内方を向いていたため)入れると
「あっ!」
と、思わずお客様の口から声が出ました。
二つに見えていた視力表の画面が重なって一つになったとのことです。

結局、一部融像除去眼位は完全矯正値で17△基底外方左1△基底上方となりました。
近視の基底外方は耳側の厚みが大きいこと、
将来的に斜位量が減る可能性も無い事は無い、など、いろいろお話ししながら
複視が解消するもっとも弱い量でプリズムレンズを調製しました。
内斜位は、全量の矯正をしないと複視が消えないことも多いのですが、
これよりは弱い度数で複視は解消したのが幸いでした。


強いプリズムレンズ、特に内斜位では、色収差や像面の湾曲・歪曲を感じたりして掛けにくい場合も多いですが、
複視の辛さのほうが圧倒的に強いので、割と短期間で慣れて頂けます。
お渡しした当日、そのまま掛けて帰られました。

眼科で、けんもほろろな対応をされた時は途方に暮れたそうですが、
明るい笑顔で帰って行かれました。
お役に立てて幸いです。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/1271-044dbd3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)