FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

遠視は遠くが良く見える目

前回の「よくある誤解」に続き、「遠視は遠くが見える良い目」について。

遠視とは何ぞや?
といいますと、
静的屈折状態{無調節状態}において、無限遠からの光が{平行光線が}、網膜の後方に結像するもの
と答えれば、認定眼鏡士試験では減点はゼロです。

ただ、これだと「何のこっちゃ?」と理解しにくいと思われますので、
拙HPの「遠視」のページをご覧ください。
もう20年近く前に3日ほど徹夜に近い作業をして作り上げたもので、誰にでもわかりやすいと自負しております。


遠視は、「調節力」が旺盛で、網膜後方に結像するべき像を網膜上に持ってこられる範囲ならば、
遠くの視力は良好です。
持って来られなくなると視力は低下します。
ただし、「調節」は、近方視をするときに使うものであって、遠方視の際にも使うのは余計な作業で、
眼精疲労の大きな原因になります。「調節性眼精疲労」と言います。

そして、「調節」をしますと「輻輳(ふくそう」と言う「寄り目」の力が働きます。
小児によく見られる「調節性内斜視」がこの代表例です。
3歳児検診、就学前検診で、斜視・弱視や遠視などは発見されることが多いのですが、
それ以外でも、小さなお子様の眼が不自然に寄っていることに気付いたら
早めに専門医にご相談ください。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://optpal.blog.fc2.com/tb.php/104-722cbd55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad