fc2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

還暦

数日前に還暦を迎えました。
が、いきなり発熱して臨時休業いたしました。
味覚や嗅覚の異常などは見られず、微熱と嘔気だけだったので、
新型コロナウイルスでは無いだろうとは思いましたが、
念のため、熱が引いた後に抗原検査の陰性を確認して店を再開しました。
18時間ばかり寝ていたので腰も痛いです。
還暦早々、碌な目に合っていません。(汗


さて、還暦。
世間では定年退職を迎え、再雇用されたり転職、あるいは引退して隠居暮らしをする年齢です。

高校生の頃に、近所の眼科でのアルバイトを始めて以来40年超、
検査やメガネ関連の仕事しかしていないので転職等は絶対に無理です。
そして、そのうち34年ばかり、基本的に一人でやっておりますので、他人の下で働くのも無理です。
なので、これからも一人で細々とやっていくしかないですかね。

体調のこともあるので、引退してのんびりしたいところですが、
商品の在庫も2,000本ばかりありますし、簡単に処分できる量ではありません。
かといって、今後一切仕入れをせずに売り切るのも不可能なので、
なかなか隠居もできないですね。

誰か、店を商品・備品ごと居抜きでやってくれるかたいらっしゃいません?
お安くしておきますよ。(^_-)-☆

確か
「タタムなんてもったいない!」
ってテレビ番組があったはずですが、ウチも取り上げてもらえないかな?



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

アレ

当店の開店当初からご家族でご愛顧いただいているお客様ですが、
本日、「左目が見えにくくてレンズを換えてほしい」とご来店されまして・・・・

左目のオートレフはほとんどエラー、
左目のレチノスコープは網膜反射が暗く影が見え、
4年前と2年までは左目のみ近視化が見られ、
矯正視力は右1.0以上、左0.4程度、
と状況証拠からしてアレな感じです。

2年前に国家資格化された「眼鏡作成技能士」は、
みなし病名であっても口にしてはいけないのでどうしたものかと思案していたら
お客様のほうから、
「医者から、少し白内障が出ていると言われている」
という発言があったので、まあ相槌を打つ形でお伝えすることが出来ました。
奥様が昨年、白内障の手術を受けられており
非常に素晴らしい結果が出ておりまして、
(-16Dくらいの近視の不同視が、ほぼ正視に)
そちらの眼科の先生に相談されてみてはいかがでしょうかとお勧めいたしました。




金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

BIKER MEGANE / バイカーメガネ

フルフェイスヘルメット対応のバイク用メガネ、
その名も「BIKER MEGANE」に、
国内30本限定のKAWASAKI ファクトリーカラーが登場しました。

231122_1.jpg

231122_3.jpg

231122_2.jpg

当店にも1本だけ入荷しております。
再入荷の予定はございませんので
カワサキバイクユーザーのかた、お早めにどうぞ♪






金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

営業時間について

11月20日(月)は午後4時に閉店します

11月21日(火)は午後12時より営業します。




【追記】

以前「当面の営業時間について」というエントリーで書いたのですが、
入院していた後期高齢者が退院してきました。
今日の午前中は、その手続きのために休業いたしました。

大腸憩室炎という病気ですが、今回で2回目の入院でした。
憩室が破れたりすると緊急手術で、憩室部分を摘出ということになるのですが、
今回も手術は回避できました。

調べてみると、食物繊維の接種不足などが原因とありますが、
ウチの後期高齢者は、むしろ食物繊維が多い食べ物が好きで、
タンパク質不足をどうしようかと頭を悩ませるほどなんですが・・・



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

不同視とも言えない左右差

中学生の娘さんについて
メガネを作りたいのだけれども、
眼科に行ったら右と左の差があり過ぎてメガネが作れないからコンタクトレンズにしなさい、
と言われてコンタクトレンズを作ったものの、
娘さんがコンタクトレンズを嫌がってほとんどしてくれない、
そちらで左右差のあるメガネを作ってもらえるのか?


というような電話を頂きました。
不同視については、私は比較的に柔軟に対応することを心掛けておりますので
一度拝見させてください、ということで後日ご来店いただきました。

かなり以前に作られたメガネ
R=Sph-0.75D
L=Sph-1.00D
 掛けても掛けなくても大差ないので使っていない

半年ほど前に合わせたコンタクトレンズ
R=Sph-1.00D Cyl-0.75D Ax180
L=Sph-3.25D Cyl-0.75D Ax180
 ほとんど使っていない

ほぼ裸眼で過ごしているとのことでした。

両眼開放検査による完全矯正値
R=Sph-3.00D Cyl-1.00D Ax3
L=Sph-4.25D Cyl-0.75D Ax177

を得ました。
コの字で網膜像の大きさを確認していますが不等像は起きていません。
眼位は正位からやや外斜位気味といったところで両眼視機能には問題は見当たりませんでした。


球面値で1.25D差、縦方向なら1.00D差しかないので、不同視やそれによる不等像が起きるほどではありませんし、
プリズム差もそんなに出る左右差でもありません。

むしろ、ほぼメガネの使用歴のない状態で、中等度の近視のメガネを掛けたときに感じるかもしれない
「見え過ぎて疲れる!」という、そっちのほうが心配です。
本来は、私たちの目は「見えて当たり前」なので、「見え過ぎる」なんてないのですが。


近視の未矯正や低矯正、不同視の放置は、外斜位の原因になりやすい、
以前は推奨されていた近視の低矯正はむしろ近視進行の原因になっているとの研究結果が近年出ている、
かといっていきなり完全矯正に近い強い度数にすると疲れを訴える可能性もある、

などなど、現在の娘さんの屈折状態や、いろいろな研究結果、可能性などのお話をして、
最終的に本人に度数を決めていただきました。


それにしても眼科の対応ですが、
左右差があるから端からメガネは無理!などと決めつけずに、
ご本人がコンタクトよりメガネのほうが良い、って訴えているのですから、
試してあげても良いんじゃね?
と思うんですけれどね。



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

新しい累進レンズを試してみましたが


名前は伏せておきますが、
昨年発売された「内面累進設計」のレンズを試してみました。

フレームは10年以上前のShilhouetteのもので、名前を忘れるほど古いものです。

231119_1.jpg

このレンズ、売りは、累進レンズ特有のゆれ歪みが少ないとされる「内面累進設計」でありながら、
非常に廉価なことです。
個人的にお客様に推奨している「HOYALUX Syncro」の半分程度の価格で販売できるので、
出来が良いようならば、当店のラインナップに加えようかと思ったのですが・・・・


結論から言って、まったくダメでした。

この数年内に発売されたレンズは、総じて性能が良くて、
一昔前のミドルからハイエンドなレンズ(一組5万円を超えるような価格帯)に遜色のない性能を持ってましたが、
これはアカン。
掛けた瞬間に遠用側方部の視野の狭さを感じます。
もう「湾曲」といって良いほどの酷い歪みです。
比較対象のために、まったく同じ度数で作った他のレンズと比べていますが、
同じ度数かと見紛うくらいの見え方の違いでした。

これだと、一昔前の外面累進のちょっと良いやつのほうがマシです。
現在、比較できる度数で所持していませんが、
HOYAの、現状で一番廉価な「ALIOTH」クラスよりも出来が悪いように思います。
「ALIOTH」の元モデル「SUMMIT Premium」を始めて掛けたときには、こんな酷い感想を持った記憶がありません。
「ALIOTH」というレンズは、元有った「SUMMIT Premium」という外面累進レンズの、
ベースカーブなどを簡略化した廉価版です。

ということで、残念ながら、このレンズを販売するのは断念します。
近年、ほとんど無い「ゆれ歪み」というクレームに繋がるのが目に見えています。



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

サイズレンズ(不等像視の矯正用レンズ)について

今朝もあったのですが、
過去に数度、不等像視に対するレンズの問い合わせを受けました。

当店のHPを読んで不等像視を矯正するレンズがあると思われたようです。
当該のページはこれになります。



当ブログでも何度も書いておりますが、
不同視とは左右の屈折度が違うもの、
不等像視は左右の網膜像の大きさが異なるもの、です。
不等像視の主な原因は、不同視ですが、黄斑部疾患でも起こります。
むしろ、不同視で起こることは少なく、黄斑部疾患で起こることのほうが多いようです。

これはknappの法則として知られており、
軸性の不同視の眼鏡矯正では不等像視の発生は少ないのです。
多くの不同視は、屈折性の屈折異常で起こっているということです。
これ、、眼鏡作製技能士の試験に出ますよ!

当店のHP、ブログでは、一貫して、不同視により不等像視が起こることは稀で、
不等像よりも、左右眼が受けるプリズム誤差が両眼視を妨げているということを説明しています。


で、肝心の不等像視に対するレンズですが、
理論上、「サイズレンズ」というものが存在します。
眼鏡倍率をSMとすると

231116_1.jpg

t=中心厚
n=屈折率
D1=前面カーブ

power factor は同一だとして、shape factor という要素を変化させることにより網膜像の大きさを変えることができます。
具体的には、レンズの曲率(カーブ)と厚みを変えることで、数パーセント網膜像を変化せさせることが可能だと言われています。
ただし、網膜像の小さいほう側のレンズが、かなり厚みが増すこととなり、装用が難しくなります。
また、現在は製造物責任法(PL: product liability法)と薬機法による規制で患者に使用することはできない、という話もあるので
現実的ではない技術となっております。


眼鏡作製技能検定向けの唯一の参考書「眼鏡技術読本」にも記載はありませんし、
各レンズメーカーの製作範囲表・ハンドブックにも見当たらないようです。

私自身も、20代から30代の始めにかけて、
小児の斜視弱視の治療用メガネの考察に当たり、サイズレンズの研究をしたことがありますが、
いろんな理由から現実的ではないという結論となり、以降は研究対象から外れています。
理由というのは、小児の遠視は軸性なので不等像視は少ない。
3~6歳児に正確にニュー・アニサイコニア・テスト等をするのは難しい。
レンズ厚重さにより装用が難しい、などなど。
実際は、不等像視が斜視弱視の治療の妨げになることは少なかったようです。


ただし、黄斑変性、黄斑上膜症などの成人の黄斑部疾患が増えるにあたり、
サイズレンズの必要性の見直しはされるべきではないかと思っています。
しかし、地方都市の一眼鏡店でやれることではないので、
患者さんが集まる基幹病院等で研究されるようになると良いかと思うのですが。
そして、アイケアに熱心なレンズメーカーさん。

もしそういう環境が整えば、
私も、レンズの加工やフィッティングなどの技術提供はいたしますし、
もちろん手弁当で参加いたします。



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)



テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

薬が変わりまして

昨年末あたりからずっと持病の潰瘍性大腸炎の具合がよろしく無く、
9月に薬を変えてもらいました。
5-ASA製剤では最後の砦のリアルダ錠です。
これで効果が出なければ、あるいはアレルギー反応などで使えない場合、
ステロイドホルモンや免疫抑制剤などの使用ということになります。

薬局から処方された薬を受け取った時の第1感、

でけぇな

サイズを比較して見せる場合、
以前だったら、タバコやその箱が使われることが多かったですが、
タバコを吸わない私はタバコを持っていないので、何かわかりやすい比較物がないかと物色したら
ちょうど単4電池が適当な大きさでした。

231107_2.jpg

231107_1.jpg

幅はほぼ単4電池と同等
長さは半分弱
厚みは半分強、といったところ。
これを朝食後に4錠、有効成分4800mgを飲みます。

以前は一回り小さいアサコール400mg錠を1日3回、3錠ずつ、計9錠だったのですが、
調子の悪い時には3食摂れないことも多いため、必要量の薬を飲みそびれることがあったため、
1日1回の薬に変えてもらったのでした。

なにせこの大きさのため、飲むときは緊張します。
万が一、気管に刺さったら、十分死にます。
舌の上で方向を整えながら、息を整えて、1錠ずつ慎重に飲み込みます。

幸いアレルギー反応もなく、飲み初めには、

もしかして緩解期来るかも!

という淡い期待を抱かせてくれましたが、
そんなに甘い病気でもなく、一昨日あたりからまた下血が始まりました。
うーん、やっぱりトリガーはストレスなんだろうなぁ・・・・

と愚痴を言ったところでどうにもなりません。

急な体調悪化で、臨時休業などあるかもしれませんので、
来店前にホームページ、ブログなどで営業のご確認、
あるいは電話での生存確認でも構いません。
ご面倒をお掛けいたしますが、極力無駄足を避けられるようにご注意くださいませ。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

当面の営業時間について

一昨日、11月5日の定休日のことです。

まだ眠っていた時間に、携帯電話の着信音が鳴りました。
私の携帯電話の着信音が鳴るときは、だいたい悪い話のことが多いです。
急ぎではない話のときはLINEやメールで来ることが多いからです。

案の定、実家の後期高齢者でした。
何を言っているのかよく聞き取れなかったのですが、しんどそうな様子はわかりましたので
慌てて着替えて実家まで走りました。

主訴は腹痛でした。
5年ほど前に大腸憩室炎で、主治医のところから基幹病院に緊急搬送されたことがあったのですが、
今回も似たような状況でした。
救急車を呼ぶことを伝えたら、今回も同意してくれたので
7年前の大動脈解離の際は頑なに拒否されました
119番通報し、状況を説明したところ、前回と同じ病院ではなく、
最近持病で掛かっている総合病院に運ばれることになりました。

新型コロナウイルスやインフルエンザなどの検査ののち、レントゲンやCTの検査を経て
やはり大腸憩室炎ということで緊急入院となりました。
書類を記入したり、とりあえずの入院に必要な身の回り品を揃えて、
手続きが終わったのはすでに午後3時。
疲れ果てて、家に戻って横になったら、気が付いた時には外は暗くなっていました。

そんなこんなでバタバタと休日も終わったのですが、
現在、病院の面会時間が午後2時から5時までに制限されており、
身の回り品の受け渡しもその時間にしかできません。
当面の間(予定では2週間、外科的処置が必要だと1か月程度)、
事前のご予約のない日の夕方16時以降、店を閉めることもありますので、
ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願い申し上げます。




金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報