FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

リフレッシュ休暇

昨日は臨時休業いたしました。
仕事が楽しくてストレスなどあろうはずもないですが、ちょっと体を動かしたくて、自転車でリフレッシュしてきました。

最近、カロリー摂取過多気味なので朝食抜き。
VAAMのペットボトルを2本持って出発です。
私の経験では、VAAMさえあれば100kmくらい走れます。(保証なし)

いつもの手取川のキャニオンロードです。

tedoririver.jpg

思ったより早く着いて、1軒だけ開いていたお店でブランチ。
旧・鳥越村特産のソバです。
chosuke.jpg

そこから峠を一気に下ると小松市です。
航空祭前日の予行演習が目当てです。
昨年、偶然通りかかったときに、F-15イーグル戦闘機がすさまじい高機動で大暴れしていたのを目撃して、
今年も飛んでいないかと期待して寄ってみました。
(ちなみに飛行機酔いするので飛行機は苦手です)

お目当てのF-15ではなく、ブルーインパルスのリハーサルでした。
いや、お目当てじゃない、というのは失礼、これはこれで凄いです。
ぶつからないかハラハラします。

IMGP2272.jpg
IMGP2275.jpg
IMGP2273.jpg

空港の周り、望遠レンズを付けた一眼レフカメラのかたで溢れていました。
コンデジでお気軽に取れる被写体じゃないです。
たまたま何枚かだけ写りました。

近くには、石川が生んだスーパースター、松井秀樹ベースボールミュージアム

IMGP2282.jpg

おそらく、貴重で、すごいものが並んでいるのでしょうけれど、
野球オンチでは何を見てもその価値がわからないと思うので中に入るのはやめました。

向かい風の中、ほとんど高低差のないフラットな道を走って帰りました。
フラットな道は、下りで休む間がなのでむしろ疲れます。(~_~メ)


本日のルート



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

乱視表・放射線

昨日のエントリーでレッドグリーン検査のトンデモ解説にツッ込みましたが、
ツッ込み忘れた乱視検査についても触れておきます。

視力検査で見る「あの絵」は何を意味する!?

乱視表、または放射線ともいいます。

12時、6時の方向……180度(0度)付近の乱視
3時、9時の方向……90度付近の乱視
1~2時、7~8時の方向……45度付近の乱視
10~11時、4~5時の方向……135度付近の乱視


と記載されていますが、
この状態は、「後焦線」を網膜上に置いた時の見え方です。
(実際は、その位置のわずかな前後でも濃淡は出来ます)
「後焦線」を網膜上に置くときには、適切な球面度数で調整するか、
近視の場合に限り「後焦線」が網膜上に位置する視距離が眼前に1か所あります。

こういう前提条件を書かずに、
前述(青文字)のような解説をするのは舌足らずというか不適切です。


尚、熟練者が10度刻みの放射線を使うと、
「○○度付近」ではなく、ほぼ1度の単位で乱視軸はわかるそうです。
私も理屈だけは頭に入ってますが、
乱視の検査は、基本はクロスシリンダーテストを使い、放射線はあまり使わないので
そこまでの精度には自信はありません。
(クロスシリンダーなら1度単位まで追い込みます)

金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

可視光線に反応する調光レンズ

昨日のエントリーで、レッドグリーン検査のトンデモ解説を紹介しました。

そして、以前、「斜位と斜視は違います」という記事で、
こういう事を書きました。


>キーボードを叩けば簡単に情報が手に入る。
>そんな時代になりました。
>しかし、インターネットで得られる情報は玉石混淆、
>嘘と本当のことが入り混じって、何を信じたら良いかわからないことも多くあります。
>
>当店のHPやブログでは、嘘や間違った情報は発信していないつもりですが、
>もしかしたら間違いがあるかもしれません。
>書いた時点では正しいと思われていたことも、時間が経てばその評価の変わることもあります。
>決して鵜呑みにはしないでください。



メガネレンズには「調光レンズ」というものがあり、
紫外線に反応して着色し、レンズの濃度が変化します。

それで、お客様は、「車の運転中にトンネル入ったら危なくない?」
と疑問を抱かれたりしますが、
「今の自動車はUVカットガラスが使われていて、紫外線が少ないのであまり濃くならないから大丈夫です」
などと返答していたものですが、
今は「可視光線」に反応して着色するものがあります。
そして、レンズカタログには以下のように注意が付帯しています。


常備装着の場合、ドライブ中において信号の識別やトンネル通過時に危険を伴うことがありますので、日常の使用条件で不都合と思われる装着時には薦めないでください。

 まさに「時間が経てばその評価の変わる」場合の典型です。
私の書いたHPにも、一部は古い内容のものがあるかもしれません。
インターネット上の情報は、
決して鵜呑みにはしないでください。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

フチなしメガネ研究会オリジナル・Sofit Cx Angel

スポーツ用度付きゴーグル」のエントリーで紹介した
未来のメジャーリーガーRYU君の普段用のメガネです。

IMGP2264.jpg

最初は野球のときだけ、のつもりが、掛けるとやはり見易いので、普段も掛けたいということでした。
近い将来、こうなることは予感していましたが、
思ったより早かったです。^_^;

Sofit Cx Angelのブルーカラーです。
柔軟性が抜群で、ノーマルでも丈夫な構造ですが、
より強度を増すために、当店オリジナルの工夫を加えています。
ほとんど目立ちません。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

検索キーワード・14(レッドグリーンテスト)

お約束ですが、アクセス解析は
個人を特定できる種類のものではないのでご安心ください

keyword_14.jpg

遠視 測定 レッドグリーン 雲霧
完全矯正 レッドグリーン

こうしたキーワードで当店ブログやHPを来訪されるかたが結構目立ちます。
同業者や眼科医療関係者のような気もしますし、
あるいは、眼科やメガネ店で見せられたあの視標は何をするものだろうという疑問かもしれません。

ネット上には、こんな「トンデモ」なレッドグリーンの解説があります。

視力検査で見る「あの絵」は何を意味する!?

たまたまヤフーのトップページからリンクされていて、100万超のペイビューがあったので恐ろしい限りです。

オートレフの解説も、乱視表の解説もツッ込みどころ満載ですが、
とりあえずレッドグリーンに関してのみツッ込んでおきます。

>「赤色は光の波長が長く、光が遠くまで届く性質を持っています。対して緑色は、光の波長が短く、光が遠くまで届きません。」

これはこれでその通りなのですが、これとレッドグリーン検査とは意味が全く違います。
短波長光は眼の中の濁りなどで錯乱して網膜まで届きにくいので、
白内障など中間透光体に混濁がある場合は、赤い照明を使った方がちょっとでも良いですよ、
という話です。


>赤の二重丸がはっきり見える……近視
>緑の二重丸がはっきり見える……遠視


例えば、-3.00Dの近視の方が、裸眼でレッドグリーンを見ても
どっちもボヤけますし、調節力が減った世代の遠視の方でも同じです。

上記の近視の方を-3.50Dのレンズで矯正すれば緑がはっきり見えるし、
遠視の方を+3.50Dのレンズ矯正すれば赤がはっきりします。

レッドグリーンが、すべての近視や遠視のかたを切り分けることはできません。

レッドグリーン検査は、眼の光軸上の色収差を利用した検査です。
黄色光で焦点を結ぶ眼では、長波長光(赤)の焦点は網膜の後方に、
短波長光(青緑)の焦点は網膜の前方に来ます。
その差は、波長の長い赤色光では+0.26D、波長の短い青色光では-0.67Dです。
この2点間では約0.9Dの差があるのですが、
この範囲で、網膜上に結像していないとレッドグリーンは全く役に立ちません。

つまり、焦点、かなり収斂した最小錯乱円が、ほぼ網膜上に位置している時の、
屈折度の過不足を知るものです。

ただし、レッドグリーンのツボというか、注意しないといけないことは、
「緑がはっきり見える」状態しか信用できないということです。
「赤がはっきり見える」のは低矯正かもしれないし、
過矯正ながら一過性の調節緊張が介入しているのかもしれません。

レッドグリーンの均衡をもって「完全矯正」とするのは正しくない、ということですね。


ある新聞で、レッドグリーンに関する眼科医(確か、ある都道府県の眼科医師会会長でした)の解説記事があって、
レッドグリーンを最終結果とするというような内容のものを読みました。

私は、レッドグリーンは、クロスシリンダーを正しい状態でスタートするための予備検査だと思っています。
最終的に、調節緩解テストと調節バランステストをもって屈折検査の結果としています。



オートレフを「ピッピッ」、レッドグリーンを見せられて
「赤、緑、どっちがじはっきり見えますか?」
「赤」
「はい、いいですよ~」
カップ麺ができるより早い、こんな屈折検査で終わらせるメガネ店があるそうです。(たくさん)


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

19日(金)は臨時休業いたします

コンビニに電気料金を払い込みにいったら、
レジの横に肉まんのショーケース兼蒸し器がありました。

この前まで、暑い暑い、いや、熱い熱いと自転車通勤していたのに、
はや、肉まんあんまんの季節になったんですね。

IMGP2263.jpg

月日の経つのは早いもので、
この店をオープンして、間もなく4カ月になります。
仕事が楽しくて、休むのがもったいなくて店に出ていたら、
オープン以来、5日しか休んでいませんでした。

良い仕事をするためにも、精神的にリフレッシュしたほうが良さそうなので、
今週の金曜日(19日)は臨時休業いたします。

特に用事があるわけでもないので、絶対に休まないと行けないわけではありません。
もし「その日、行こうと思ってたのに!」というお客様がいらっしゃいましたら、
遠慮なくお申し付けください。

金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

新しい内面累進レンズ

世の中にはたくさんのレンズメーカーがありまして、
大手としては、HOYA、ニコン(ニコンエシロール)セイコー、ペンタックスなどが上げられます。

このうち1社と取引があれば、大概のレンズは揃っていたのですが、
大手は経営効率が第一なので、需要の少ない硝種は容赦なく削っていきます。
それを補うために中小のレンズメーカーと取引する羽目になりましたことになります。

当店は、現在、HOYA(単焦点・累進・多焦点)、東海光学(単焦点・累進)
SAビジョン(Kodak偏光など)、ホッタレンズ(ガラス)、伊藤光学工業(単焦点)と取引があります。
その他、いざ必要になった時のための窓口は数社にあります。

IMGP2262.jpg

ひょんなことから試してみたのがこのレンズ。
伊藤光学から新製品として出た内面累進・内面非球面レンズです。
気のせいかな?同業他社のあのレンズと良く似てる
内面累進レンズというのは、累進要素(近用加入度数)がレンズの内側にあるものです。
・外面が滑らかな球面になっているため外面での屈折が一定
・外面累進と同じ累進帯長でも回旋角が増える。すなわち累進帯長が長くなることと同義で度数変化が緩やかになる
という理由から、累進レンズ特有の足元のボヤケ、ユレが少ないです(ゼロではありません)
後者の理屈は横方向にも言えることなので、累進部の横の視野も広めです。

反面、回旋角が増えるということは、近用部を見ることには欠点にもなります。
レンズ内面に、累進、乱視、収差補正といった度数形成に必要な要素をすべて詰め込むため、
特に遠用部側方のシャープ感に欠けるレンズが多い気がします。
そして、結果的にそうなるのか、敢えてそうしているのかは不明ですが、
目に対する加入度の有効度数が低いものが目立ちます。
(要するに、外面・両面累進に比べて近用部の見え方が落ちる、ということです)


このレンズも、その傾向はあるのですが、ユレの少なさは秀逸です。
累進帯長の長いものを選べば、さらに少なくなりますので、
初めての累進を掛ける加入度の強い方にはキッカケとして良いかもしれません。


私は、取り扱いレンズの選定にあたって、メーカー(ブランド)という色眼鏡で見ることはありません。
「一流」と呼ばれるメーカーの醜聞もよく知ってますので。
採用する価値があるレンズは採用し、価値が無ければ採用しないだけです。
同じメーカーでも、コレはいいけど、これはダメ、ということもしゅっちゅうです。
ホッタレンズも伊藤光学も世間的には無名でしょうが、
国内工場、または海外でも自社工場で生産していて、それが確かなものであれば、
メーカー名にはこだわっていません。

来るもの拒まず去る者追わず
当店と取引してやってもいいよ、という奇特なメーカーさんがあれば、(笑
自信のあるレンズを持ってどうぞいらしてください。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

海苔弁当・その2

前回の海苔弁当から、さらにグレードアップした海苔弁当にしてみました。

海の幸満載です。

IMGP2261.jpg

真っ暗な海底で、カニを捕食しようとするタコを狙うサメ、
その横ではイカとカニの命のやりとり。
海の生物の食物連鎖を表現してみました。


ここで一番重要なことは、
朝っぱらからウインナーの飾り切りをする五十男のシュールな姿を想像してはいけません。

金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

北陸新幹線

前回の「ことじ君」に続き、ご当地単管バリケードを発見しました。

IMGP2258.jpg

名前は何だろう?
北陸新幹線を走る列車名の「かがやきくん」あたりかと思いますが、
あくまでも私の想像です。

金沢は、新幹線バブルに沸いているようです。
以前は寂しかった金沢駅周辺が飲食店でにぎやかになり、ホテルの建築ラッシュ、
アチコチに箱モノができました。

はじけなければいいんですけどね。^_^;


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)
続きを読む

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

小学3年生・初めてのメガネ

小学3年生のNAO君のメガネになります。
IMGP2255.jpg

もう3年近く前から視力の低下には気付いていらっしゃったのですが、
最近、眼科で「すぐメガネ掛けなさい」と言われたそうです。
処方箋を渡されているのかと思えば、その時は、散瞳剤でも入れて検査したのでしょうか、
処方箋は発行されませんでした。

そこで、当店にお任せいただくことと相成りました。

裸眼でカバーテストをすると、明らかな異常を感じました。
近見ワースは正常ですが、輻輳近点は20cmくらい、全然できていません。

おおよそのスクリーニングの後、屈折検査に入りました。

こういう場合の屈折検査は、まずは調節を解くようにしっかり雲霧
雲霧を継続しながら、調節力の介入を防ぎつつ検査をすすめます。

完全矯正値は、両眼ともおおよそSph-3.50Dに少々の直乱視です。
クロスシリンダーで追い込めば、もちろんもっと細かく調べられますが、
小学3年生、はじめてのメガネにしては割と強めの近視、屈折異常よりも両眼視機能の確認を優先、
という状況から、そこまではしませんでした。

装用度数になるであろう度数を入れて眼位、融像の検査をしました。
遠見で3△の外斜位、アンカバー直後のワース4灯は複視、
裸眼では全然出来なかった輻輳は、度数を入れると少し出来てきましたがそれでも弱いです。
近視の長期の未矯正が原因とは断定できませんが、
可能性としては十分考えられます。

弱めの度数からメガネを装用して、
しばらく輻輳のトレーニングをしていただくことになりました。
3△の外斜位、基礎眼位のズレなら治りませんが、
輻輳不全による眼位ズレなら治るかもしれません。
治らなくても、輻輳力が強化されれば、3△くらいのズレなら気にすることなく日常生活は送れます。


小学3年生の男の子にフチなしメガネ?
と驚かれるかたもいらっしゃるでしょうが、
このフチなしメガネ、案外どころかかなり丈夫です。
もちろん、メガネを掛けたままドッジボールなどは無理ですが、
それはゴーグル型を除くどんなメガネでも同じです。
軽さと柔軟性でバツグンの掛け心地と、
万が一壊れても、破損したパーツだけの交換で済むので経済的です。

ちょっと懸念するのは、男の子3人による兄弟げんかです。^_^;

金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

おニューのピンセット

昨日紹介した「ピンセット」ですが、
さすがに摩耗が激しく、緊急を要する状態になっていたので、
眼鏡工具専門メーカーに手配しておいたのですが、やっと本日届きました。
画像だけで注文しましたので、現物を見るのも触るのも届いてからというギャンブルですが、
背に腹はかえられません。

MARWEIZ(マルヴィッツ)と同じくドイツ製のようです。
先端のネジつかみ部分の画像がMARWEIZと似ていたのでこれにしたのですが・・・・

おお、割と掴みやすい。
これなら使えそうだ!

IMGP2251.jpg

普段使うネジの中でもっとも短い2.4mmのネジ先がこれだけ出れば十分です。
某メーカーのものは、このネジだとネジ先がピンセットに隠れてしまいます。(>_<)
(ピンセットとして意味ねぇじゃん!)

お値段は安いのか高いのかわかりませんが、税込み2,720円。
無くさない限り20年は使い倒せるので安い買い物ですね。(^-^)


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

フレンチライクな丸メガネ

産まれて初めてメガネを掛ける56歳のかたが選ばれたのは黒いシリング。
初めての方には敷居が高そうに見える丸メガネですが、
これが案外と多いです。
ダンディーで渋いロマンスグレーのかたには丸メガネが似合います。(^-^)

IMGP2250.jpg

右が裸眼視力0.5程度の弱い近視性乱視、
左はほんのわずかに近視気味ですが裸眼視力は1.0で、
これまでメガネを掛けたことがないということでした。

近視の右目で近くがそこそこ見えていたので、
運良く(?)これまでメガネを必要としなかったわけですが、
裸眼での近見のカバーテストは間歇性の交代性の外斜視になっていました。
遠見の眼位は異常もなく、近見も近用に必要な度数を入れるとしっかりと両眼視できます。

モノビジョン(単眼視)の期間が長くなったことが原因だと思われますが、
両眼視機能は正常なので、ちゃんと屈折矯正すれば問題なくなると思われます。
お客様と相談の上、累進レンズを常用することになりました。



このシリング、41□27というサイズで、玉型とブリッジ長のバランスが良いです。
10:9くらいの横長なのですが、ブリッジの付いている位置が低く、
真円の丸メガネより丸く見えます。
デモレンズに書いてある落書きは、私の加工メモです。^_^;


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

前のページ 次のページ