fc2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

黄斑前膜症(黄斑上膜症)と上下斜位


黄斑前膜症(黄斑上膜症)の術後のかたに、
偏位量の大きな上下斜位のある割合が高い、と感じるのですが、
インターネットにそういった文献がないか探してみたところ見当たりませんでした。

1件だけ視線のズレを指摘するHPがありましたが、
医療機関ではなく同業者で、私も存じ上げているかたでした。
(さすが!やるなぁ。)


どうして斜位が発生するのか、その機序はわからないのですが、
前膜に牽引された黄斑部が、ズレてしまうのではないかというのがあくまでも個人的な仮説です。
黄斑前膜症の手術が、外眼筋の均衡に影響を与えるとは考えにくいためです。

また、黄斑前膜症の手術は同時に眼内レンズの移植手術を行うことが多いですが、
これは白内障の手術と同じです。
眼内レンズのズレが斜位を起こすことは知られていますが、黄斑前膜症の際の眼内レンズ移植の時だけ
ズレの発生が大きくなるとも考えにくいので、この原因の可能性も低いです。


発生機序がどうあれ、レンズが作製可能で、また物理的に装用可能な厚み重さの範囲の斜位であれば、
レンズにプリズムを組み込むことで矯正は可能です。
プリズム眼鏡、プリズムレンズなどと呼ばれるものです。

黄斑前膜症の手術後に目の不調を感じていらっしゃるかたが居られましたら、
この原因を疑ってみてください。
特に、片目なら良く見えるが、両目で見るとなんかおかしい、という場合は斜位が原因かもしれません。



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)



テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

アレ

当店の開店当初からご家族でご愛顧いただいているお客様ですが、
本日、「左目が見えにくくてレンズを換えてほしい」とご来店されまして・・・・

左目のオートレフはほとんどエラー、
左目のレチノスコープは網膜反射が暗く影が見え、
4年前と2年までは左目のみ近視化が見られ、
矯正視力は右1.0以上、左0.4程度、
と状況証拠からしてアレな感じです。

2年前に国家資格化された「眼鏡作成技能士」は、
みなし病名であっても口にしてはいけないのでどうしたものかと思案していたら
お客様のほうから、
「医者から、少し白内障が出ていると言われている」
という発言があったので、まあ相槌を打つ形でお伝えすることが出来ました。
奥様が昨年、白内障の手術を受けられており
非常に素晴らしい結果が出ておりまして、
(-16Dくらいの近視の不同視が、ほぼ正視に)
そちらの眼科の先生に相談されてみてはいかがでしょうかとお勧めいたしました。




金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

困る質問

当店には、時々変わった質問メールが舞い込むことがあり、対応に苦慮するものもあるのですが、
今朝、メールチェックをするとこんなメールがありました。

引用ここから----------

HOYA
XC1SP
+29.50D
のレンズはどこに合わせてるレンズでしょうか?

遠く用・近く用。遠近用のどの部類に入るかお教え頂けないでしょうか?

宜しくお願いします。

----------引用ここまで

件名はなし、投稿者の名前など一切記載のない匿名メールです。
守秘義務があるプライバシーは無いと判断して原文のママ掲載します。


HOYA、29.50Dという文字、タイプミスでなければおそらく眼内レンズだと思われます。
当店はメガネの小売店ですので、眼内レンズのことを問われても

知らんがな!

の一言ですが、
そう無粋で無礼な返答をするわけにもいかず、
「HOYA XC1SP」というワードで検索すると、
オランダ?の製薬会社と思われるサイトの英語のページが引っ掛かりました。

→ https://rockmed.nl/catalog/vivinex-multisert/

multiとなっているので多焦点かと思いきや、単焦点の眼内レンズのようです。
multiというのは、レンズの挿入に使うinjectorがmultiな機能を持っているとか何とか。


で、肝心の返答ですが、

そもそも、術後の焦点の合う距離は、
術前に、医師と患者さんのインフォームドコンセント、話し合いで決めることであって、
私なぞが知る由もありません。
施術を受けた眼科にお尋ねください。

あるいは、自身で、眼前のどの距離にピントが合っているのか、自覚的にも確認出来ると思うのですが。

当店は、メガネ小売店であり、医療機関ではありません。
そういう質問をされてもお答えいたしかねますのでよろしくお願いいたします。


という趣旨のものを丁寧にお返事いたしました。




金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

糖尿病性網膜症

前エントリーで、糖尿病性網膜症について書きました。

ちょっとブログの過去記事を検索してみましたが
糖尿病性網膜症 については余り言及しておりませんでした。




国家技能検定資格「眼鏡作製技能士」では、「みなし病名」と言えどもお客様に病名を言ってはいけませんが、
この「糖尿病性網膜症」だけは、お伝えしたいことがあります。


この仕事を始めて、学生時代のアルバイトも含めると、40数年になります。
その間、糖尿病性網膜症で視力の出ないかたの相談を数多く受けてきました。

2019年の視覚障害者手帳の交付を受けたかたの障害の原因となった疾病は
1.緑内障
2.網膜色素変性症
3.糖尿病性網膜症
となっており、全体の55%を占めています。

特に糖尿病性網膜症は、初期では自覚症状に乏しくて、
視力に異常を感じたときには相当に進行してしまっていることが多いように思います。

運転免許の更新に行ったら視力で引っ掛かった、と来店され、
矯正視力が十分に出ないので眼科を紹介したら、
糖尿病性網膜症が進行していて即刻レーザー治療を受けた、
というかたは非常に多いです。

レーザー【治療】とは言っても、
破れて出血しそうな新生血管をレーザーで焼いて未然に出血を防ぐという保存的な治療であり、
根治を目指すものではありません。
一度失った視力は戻らないのです。


「金に糸目を付けんからなんとかしてくれ!」
と懇願されることもありました。
しかし、しがない眼鏡屋風情にはどうしようもないです。


健康診断等で、食後血糖値の高値を指摘されたら、少なくとも眼科での眼底検査を受けましょう。
そして、眼科医の指示通り、定期的な検診を受けて、糖尿病性網膜症の早期発見に務めてください。
同時に、緑内障や黄斑変性症など他の病気の早期発見にも繋がります。




金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

また難しい電話相談


また、先ほど電話では回答しにくい相談を受けました。


女性ということしかわかりません。
子どもの頃に斜視手術を受けた経験があるようですが、現在は「戻り」でもあったのか、
やはりある程度の斜位(本人は斜視とおっしゃっています)があるのでしょうが、
プリズムメガネという存在を知って最近どこかのメガネ店でプリズムメガネを作られたそうです。

ふと鏡を見たところ、左目が外を向いていることに気付き、短時間の使用だけで装用を止めたが、
装用を止めても眼位がやはり外を向いてしまって戻って来ないということです。
プリズムメガネ装用以前は、正面を向けることは出来たとのお話。


個人的には短時間プリズム矯正をしただけで、そんな大きな変化はないと思うのですが、
ご本人がそうおっしゃるのでそうなのでしょうね。

プリズム矯正というのは、光を屈折させて光の入射角を変えるというもので、
外斜位の場合はベースインプリズムを付加することで、輻輳(寄り目)の負担を軽減させるのですが、
結果としては視線は安静位へ向きます。
すなわち、外転するということです。

それをご存じなかったようで驚いておられましたが、
それを説明していないメガネ店の対応にも驚きます。


で、メガネでその現象(眼が外を向いている)を治せないかというご相談でしたが、
残念ながらメガネで出来ることはありません。
量によっては手術の適応になるでしょうし、
輻輳のトレーニングを地道に続けることで輻輳力が強化されると、
輻輳余力が上がって楽になるかもしれません。

などというアドバイスを10分ほど掛けてしましたが、
電話口で相談することでは無いと思うのですが。



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

次のページ