FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

ダエモンさんからのメール


昨夕のことですが、

引用ここから-----------

1.75の老眼鏡 いくらしますか?

-----------引用ここまで

というメールが来ました。
アドレスからして、auの携帯電話あるいはスマートフォンからの発信です。

今朝、このメールに対して返信したのですが、
MAILER-DAEMONからエラーが届きました。

----- The following addresses had permanent fatal errors -----
<***********************@ezweb.ne.jp>  ←改変しています
(reason: 550 : User unknown)

要するにあて先不明です。
こういうこともありますので、メール送信の際には、アドレスのご確認をお願いします。


あるいは、携帯キャリアのメールシステムで
パソコンからのメールを拒否されているのかもしれません。
設定のご確認をお願いします。


追記:

届いたメールを、自分の携帯キャリアメールに一旦転送して
そのメーラーから返信したところ、どうやら届いたようです。
(ダエモンさんからのメールは来なかった)

キャリアメールからの送信の際は
受信設定の見直しをお願いします。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

パソコンが壊れました

業務に必要なアプリケーションをセットアップして、やっと使えるようになったパソコン。

昨日、Gmailを見るために、OUTLOOKを起動したら突然のフリーズ。
タスクマネージャーも起動せず、完全に固まってしまいました。

電源を強制的に落として、セーフモードで起動できるか試そうとしたら
自動修復という機能が働き、あたかも修復できそうな雰囲気になるのですが・・・・

200307_1.jpg

一晩置いても、以前、「修復しようとしています」の画面。
ハードディスクのアクセスランプも点かず、もうお休み中でした。

電源を落として再起動させたら、「自動修復を準備しています」の表示の後、
画面が真っ黒になって進みません。

ディスプレイドライバの異常っぽいので
セーフモードで立ち上がれば、修復可能かもしれませんが、
それすら叶わぬ状況です。

幸い、もう一台セットアップ途中だったパソコンがあるので、
こちらを使えば当面の仕事には支障はないのですが、
32bit版のWindows10Proだと、古いソフトウエアでも動く可能性が高いので
こちら(壊れたほう)を使いたかったのですけれどしょうがありません。



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

ユーザー辞書

MicroSoftによるWindows7のサポートが終わり、
Windows10パソコンへの買い替えを余儀なくされました。

使っていたWindows7パソコンをWindows10へ無償アップグレードしましたが、
動作が緩慢で使いものになりそうにないので、
ハードウェア的にも買い替え時期を迎えていたのかもしれません。


パソコンが新しくなると、頭を抱えるのが変換辞書です。
予測が働かないので変換効率が落ちますし、自分で登録した単語は、デフォルトでは変換されません。
旧パソコンのユーザー辞書の移植はできるはずですが、
この際、新たな環境を作っていくことにしました。


いっぱんてきに「ふくそう」というひらがなを入力すると
「服装」とか「複層」という単語が候補として出てくると思います。
「きんし」と入力すると
「禁止」「菌糸」などが上位ではないでしょうか?

私のパソコンでは、それぞれ、
「輻輳」「convergence」
「近視」「myopia」という候補が最上位に出てきます。
これは、眼科専門用語辞書を使っているからです。

こちらにて無償配布されております。

眼科専門用語辞書|医療法人社団 医新会


ただ、これでも足りない単語はありまして、
「さんかんけい」→ ×「三環系」 〇「三桿計」
「しんしりょく」→ ×「新視力」 〇「深視力」
など、使いたい単語を都度登録していって、自分に合った辞書を「育成」していかないといけません。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

windows10への無償アップグレード

Windows7のサポートが終了しました。

わざわざパソコンを買い替えなくても、
また、Windows10の新規・アップデート版を購入しなくとも
Windows7パソコンをWindows10に無償アップデートできる方法がありますのでご紹介いたします。

MicrosoftにWindows10への無償アップデートのページがあります。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

200119_1.jpg

「今すぐアップデート」でも、
その下の「ツールを今すぐダウンロード」でも構いません。

クリックして、画面の指示通りにパソコンを操作しますと
Windows10にアップデートされます。

途中でインストールが止まる、という事例も報告されていますので、
以下のページもご参考になさってください。

https://www.ikt-s.com/win10upgrade-46per/
https://hackers-high.com/windows/upgrade-windows10-for-free/


私も、過日、Windows7パソコンをアップデートしようとした際、
途中でインストールが進まなくなることが2回ありまして、
「ツールを今すぐダウンロード」から
MediaCreationToolを実行して、
途中「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル」

200119_2.jpg

を選んで、USBにインストールファイルをダウンロードして、
そこからSetUpを実行したら、すんなりとアップグレードできました。
すんなり、といっても3時間ばかり掛かりましたが・・・


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

レガシーポート

MeganetProというレンズ発注システムがありまして、
玉型に合わせて厚みを最適化する機能を使うには、フレームのトレースデータを
インターネット経由で送信する必要があります。

そのフレームをトレースする機械は、RS-232C、別名シリアル・ポートというレガシーなポートでパソコンに繋がります。
また、カッティングプロッタは36pinのプリンタポート、別名パラレルポートというこれまたレガシーなポートを使います。

200110_4.jpg

カッティングプロッタとは、このようなカッティングシートを切り出す機械です。

今回、Windows10用に買い替えたパソコンには、それらが付いておりません。
機種選びの時に失念しておりました。(-_-;)
まあ、USB変換ケーブルで無事に繋がりましたので結果オーライなんですけども。


ポートのほうは解決なのですが、
これまた問題が・・・・

カッティングプロッタを動かすソフトがWindows10では動作しませんでした。
というかインストールすら出来ませんでした。
Illustratorというソフトを使っているのですが、
バージョンが8.0でして、20年も経ちますか、かなりの古いものです。
買い替えようにも、今はパッケージ販売がされていない様子で、
使うには28,776円/年もの費用が掛かります。

簡単なことは、カッティングプロッタのソフトウェアで出来ますし、
WEB画像の加工・描画などは、Fireworksというソフトが使い慣れているので、
Illustratorが必要な仕事は、近用視力表の製作などコアな作業だけなので、
28,776円/年もの費用は勿体なさ過ぎる、ということで却下です。

200110_3.jpg

近用視力表の、Illustratorのドローデータ

Windows7パソコンでなら動きますので、
こちらのパソコンをインターネットに繋がずに、必要な時だけスタンドアローンで動かすことにしました。

IMGP2548.jpg

以前にも書きましたが、当店ではWindows Meパソコンが未だに現役です。^_^;
前の店の顧客データを保管しています。
もちろん、安全のために、インターネットには繋いでいません。


Windows7には、7上でXP用のソフトを動かすモードがありましたが、
今回も付けてくれないとレガシーな資産が活用できなくなってしまいます。(>_<)


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

次のページ