FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

眼鏡技能士なる資格

210218_1.jpg

「公益社団法人 日本眼鏡技術者協会」より会報が届きまして、
同封されていた「眼鏡技術者国家資格推進機構」によると、
来年あたりに省令改正で「眼鏡技能士」という国家資格(?)が誕生するかもしれないとのことでした。


現行の「認定眼鏡士」という私的な資格は2001年にスタートしました。
全国に幾つかある眼鏡専門学校を卒業すると、教育年月に応じてS級もしくはSS級に振り分けられ、
所定の試験を受けると最高位のSSS級に進級となります。
卒業生ではない場合は、所定の条件を満たせばA級となり、講習、試験を経てAA級、AAA級となりましたが、
現在はA系の資格ははなくなり、S系に統合されました。


さて、この「認定眼鏡士」という資格、こういうリーフレットがあります。
joa1.jpg
joa2.jpg


以下引用----------

消費者が眼鏡士の技術レベルを判断することができるように2001年にスタートしたのが日本眼鏡技術者協会の「認定眼鏡士制度」です。
「認定眼鏡士」は、知識や技術の厳しい審査をパスした者だけに与えられる、メガネ関連では唯一の資格です。

----------引用ここまで

ん?厳しい審査なんてあったっけ?
私は専門学校を出ているので無条件にSS級ですが、
この卒業生の中には、学校では日がな一日昼寝して、卒業試験で基準以下の成績でも、
とりあえずお情けで卒業していった連中も少なからずいます。
また、眼鏡専門学校出身であっても、長年実務から離れており、 実際は眼鏡調製がおぼつかないのだけれど 、
もしも国家資格になったら困るので、一応資格を保持したまま という人もいます。

そして、資格制度スタート時にあったA級というクラスは、
既得権、年齢での試験免除などの優遇措置があり、申告だけで取得することができましたし、
一部は試験とは名ばかりの簡単なものが行われたに過ぎません。

さらに・・・

以下引用----------

認定眼鏡士の資格有効期間は3年間のみ。資格維持のためには生涯にわたって教育受講の回数が定められており、
規定回数を満たさなかった場合は、資格を喪失するという厳しい内容となっています。

----------引用ここまで

認定眼鏡士の3年ごとの更新には試験がありません。
指定の講習会などを受講するだけでよく、その会場に居さえすれば、 たとえば、居眠りしていても更新できるのです。
会場に行けない場合は、通信教育の手段があります。
申し込むと、テキストとDVD(ビデオテープ)が送られてきて、テキスト巻末の試験回答を送付すれば受講したことになります。
試験内容はテキストやDVDにそのまま含まれていますので、
それを見ながら簡単に○や×を付けるだけで済んでしまいます。
しかも、採点はされるものの、仮に全問不正解でも不問とされる甘い甘いものです。

厳しいのは、講習会に行く時間の都合を付けることと、丸一日座っていないといけないこと、
通信講座の場合はお財布にだけですね。

さらに、平成19年度までは、65歳以上の眼鏡士のかたには更新講習受講免除特典がありました。


ここに、平成20年度版の日本眼鏡技術者協会の広報「教育特集号」があります。
教育本部長の冒頭のあいさつから一部引用します。

以下引用----------

いよいよ、A級が廃止となり、認定眼鏡士もS級、SS級、SSS級に統一され、
65才の更新講習受講免除特典も廃止され、消費者に胸をはって、説明できる姿に近づいてきました。

----------引用ここまで

それまでは、胸をはって説明できなかったんですかね?? (;´Д`)
 消費者が、 眼鏡技術者の技術レベルを判断しやすいように、と設けようとしている制度なんですから、
胸をはれないような方が認定されていてはマズイんではないでしょうか・・・?




さて、早ければ来年度にも行われるという、この「眼鏡技能士」の検定試験。
国家認定資格ということでしたら、ある程度以上の水準が求められてしかるべきです。
答案に名前を書き忘れさえしなければ合格、などという甘い基準では消費者の利益になりませんし、
「認定眼鏡士」の時のように、既得権だとか、ある年齢以上は免除だとか、では国家資格の名折れです。

さて、合格率はどのくらいになるのでしょうか。
私としては、落ちるつもりはさらさらありませんが、
せめて、私もうっかりすると落ちる、くらいのレベルには設定してもらいたいです。
そうじゃないと、現行の「認定眼鏡士制度」と大差なくて
取得するステイタスが全くありませんので。


ただし、日本眼鏡技術者協会の生涯学習の試験問題のような
実務の役に立たないふざけた問題は止めて欲しいです。

https://optpal.blog.fc2.com/blog-entry-1263.html
https://optpal.blog.fc2.com/blog-entry-1264.html



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

眼鏡型ルーペ

国民生活センターから下記のような注意喚起がありました。

              ↓
眼鏡型の拡大鏡による見え方-視力・老眼等を矯正できるものではありません-



今頃になってやっとといいますか、少々遅きに失した感がありますが・・・・



メガネの形をした拡大鏡は、2.0ディオプトリーから3.0ディオプトリーの凸レンズを、
頂間距離(眼とレンズの間の距離)を離して、
PD(左右の光学中心間の距離)を狭くしてベースインプリズム効果を使って、
凸レンズの持つ像の拡大効果を利用するものです。

眼前に凸レンズを置きますので、遠点(ピントの合う最も遠い点)は眼前の比較的近いところに来ます。
遠点より遠方は、ピントが会わずにボケて当然です。

ところが、この手の商品の広告には、
ルーペ型眼鏡を掛けてステージから遠くを見渡したり、
テレビ画面が大きくはっきり見えることをアピールするシーンがあったりします。

もちろん、それだけの量の遠視があれば遠くは見えるのですが、
そうだとすると、そのルーペでは、手元はおそらくぼやけて見えません。
片眼2枚のレンズを使って度数を可変させるものですと、場合によっては不可能ではないですが、
それでもテレビを明視できるかたは非常に限られます。


もし、正視からやや遠視気味のかたが、このルーペを使ってテレビ、もしくは以遠を見ようとすると、
加齢性遠視が引っ張り出されてくるかもしれません。
遠視になると、近くはもちろん、遠くの視力も落ちてきます。
さらに眼精疲労の大きな原因になりますので、なるべく増やさないほうが良いです。


また、この手のルーペは、屈折度数や残存調節力によって全く使えない場合も多く
常用しているメガネの上から掛けないと役に立たない場合も多いです。
ですので、購入は、通信販売でなく、店頭で確認してからのほうが良いです。
しかも、取り扱い上の注意をしっかり指導できる店で、納得して購入するほうが良いです。


尚、当店では、眼鏡型ルーペのサンプルはありますが、
常備在庫はしておりませんし、販売にも積極的ではありません。

なぜなら、この手の拡大鏡よりも、遠近や中近の累進レンズを使った「メガネ」のほうが
圧倒的に使いやすいと思うからです。

金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

メガネ型ルーペが見えない


ハズキルーペが見えん!

と憤慨して、相談に来られたかたがありました。
もちろん、当店では、使い物にならないかたに売るはずがないので当店で販売したものではありません

両眼開放屈折検査による完全矯正度数(過不足のない屈折度数)は、

R=Sph+1.75D Cyl-1.25D Ax80
L=Sph+2.50D Cyl-1.50D Ax85 2△B.in

という遠視性乱視のかたです。

まあ、この目で、2.50Dくらいのルーペメガネを単体で掛けたところで、
どうなるものでもありません。
適切な遠用度数のメガネを掛けた上から、ルーペメガネを使えばそれなりに見えるようにはなります。




遠用完全矯正度数が

R=Sph-3.00D Cyl-0.50D Ax90
L=Sph-3.25D Cyl-0.75D Ax70

という私が、裸眼でルーペメガネを掛けても何の役にも立ちません。
いや、眼前20cmくらいの位置で何かを見ると大きくは見えますが、
明視域が狭くて使い勝手は悪いし、視界がフワフワして気持ち悪いです。
拡大はされませんが、裸眼で見たほうがはるかにマシです。
遠用眼鏡の上から掛けると、まあ、40cm弱くらいの距離で、拡大されて見えますが、
そんな使い方をするなら中近の累進のほうが軽いし、明視域も広いし、はるかに快適です。
もちろん拡大はされないのですが、拡大されないほうが距離感は正しいし、違和感も少ないです。



ハズキルーペのみならず、その他のメガネ型ルーペ全般ですが、
それで満足されているならそれでよいですし、ある意味幸せなかただと思うのですが、
もっと便利で快適なメガネが、この世には存在するかもしれませんよ、
ということをお伝えしたいと思います。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

マスクの曇り

インフルエンザに花粉、さらに新型のウイルスの影響でマスク姿のかたを例年以上に多く見掛けます。

マスクをするとメガネが曇る、と訴えるかたも多いですが、
一応、当店にも一通り曇り止めは在庫しています。

200228_1.jpg

スプレー式、ムース型、ゲル型、クロスなどありますが、
塗りムラがあったりすると、曇るまではいかなくとも、やや水蒸気が付きレンズの透明度が落ちたりします。


そこで、マスクの上端を、5ミリから1センチほど内側に折り返して、
鼻の形にぴったり添わせると、曇りにくくなります。

200228_2.jpg

こんなことを書くと、曇り止め剤が売れなくなってしまうのですが。(笑


ただし、これでも完全に防げるわけでもないので
曇り止め剤と併用すれば、かなり快適に過ごせます。(と、フォローしておきます)


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

補装具について

身体障害者福祉法による補装具支給制度というものがあります。

以下参照
  ↓
補装具費支給制度の概要(厚生労働省)

市町村に申請をして、その代理受領事業者に登録されると扱いが可能になるのですが、
これまで登録しておかないと、と思いつつ先延ばしになっておりました。

医学的判定が必要なので、眼科から作製指示書(処方箋)が発行されますが、
眼科では、各メガネ店の代理受領の登録の有無はわからないでしょうから、
登録されているのが既知となっている店を指定することになると思うので、
当店に指定が回ってくる可能性は極めて低いと思っていたために、ついつい先延ばしにしていました。

それが、お客様のほうから、当店で作りたいとのご希望がありましたので
急ぎ申請いたしまして、
今回、金沢市に代理受領登録されましたので、以降、お取り扱いが可能です。


主に、網膜色素変性症という指定難病における遮光眼鏡が対象になると思います。
前掛け式(クリップオン・サングラス)、度付きレンズに対応します。

以下参照
  ↓
遮光眼鏡とは(東海光学)

基本的には、眼科による処方にて、カラー指定されるのが普通ですが、
眼科医院にテストレンズの無い場合もありまして、
そういう時は、メガネ店で試して自分で色を決めてください、ということもあったりします。

当店には東海光学のCCPという遮光レンズのテストレンズは置いておりますので
試用していただくことは可能です。



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

次のページ