FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

南砺~庄川まで

昨25日は、お彼岸で月命日にあたるので墓参りに行きました。

200326_1.jpg

花粉が飛びかう中ですので、ヘルメットはもちろん
サングラスとサイクリング用の防塵・防寒マスクで完全防備で立ち向かいます。
このままコンビニに入ると通報されるレベル。
もちろんサングラスは曇り止めを塗っています。

200326_2.jpg

曇り止めが品薄になっているようですが
当店には、クロス以外はまだ残っています。(ステマ?)

200326_7.jpg

ちなみに、このサングラスは私の私物ですが、adidasブランドのものです。
オーストリアのSilhouette社がライセンス生産しておりましたがそのライセンスが切れ、
adidasブランドのサングラスは今年度から別のフレームメーカーから発売されます。
従来のadidasサングラスは、Solhouette社のオリジナルブランド、EVIL EYEとして販売される予定です。


お墓参りを済ませると、富山県境まで10数キロ、そのまま南砺市に入ります。
福光の道の駅で最初の休憩。

200326_3.jpg

この道の駅にもサイクリングスタンドが設置されました。
自転車乗りにはうれしいサービスです。

富山県は、3000メートル級の山々が眼前に見え、独特の雄大な景色が広がります。

200326_5.jpg

真ん中が槍ヶ岳だと思うのですが、もうちょっと東部に行くと、もっと迫力あるんですが。


朝食は食べていないので、お腹が空きますが、まだ朝の10時過ぎ、お昼を食べるとことが開いていません。(*_*;
すきっ腹でふらふらと庄川方面に、緩い登りと、強い向かい風でペースも上がらず、11時前にやっと庄川に到着。
お昼を食べられるところを探すと・・・
道の駅のカフェ&レストランが開いてました。

200326_4.jpg

庄川狭ランチ
どこが庄川狭なのか微妙ですが、揚げたてのメンチカツが美味しかった。
それと冷たい風で冷えた体に、根菜やキノコの味噌汁が染み渡ります。


徐々に風向きが変わり始め、嫌な予感がすると思ったら、案の定、帰りも向かい風になりました。
しかも、時間の経過とともにどんどん強くなります。
小学校の理科の時間で習う、海風と山風の原理ですね。

登りでは暑いけど、下りでは体が冷えて、久しぶりの((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルするサイクリングでした。





200326_8.jpg

金沢地方気象台の標本木のソメイヨシノ。
まだまだつぼみですね。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

2019年ラストラン

昨日は今年最後の定休日でした。

191225_1.jpg

この時期には珍しい快晴。
飛行機の航跡が青空にくっきり。

191225_2.jpg

犀川の河川敷からは、冠雪した霊峰・白山の頂上部の姿が小さく見えます。

特に行くあても無かったので、いつも通り白山麓へ。

全国三千余社の白山神社の総本宮、白山比咩神社に立ち寄り、
いろいろと祈念してきました。

191225_4.jpg
表参道
191225_5.jpg
琵琶の滝


お昼を食べようと思っていた「河内じばさんセンター」は定休日でした。
鳥越の「一揆そば 長助」も確か定休日。
仕方なく、少々寒いですが、さらに上まで登ります。

191225_6.jpg

吉野谷あたりまでくると、大笠山(?)の影に白山が大きく見えます。
結局、上吉野谷の「にわか工房」さんまで走りました。

191225_7.jpg

「にわか工房」さんのサービスランチ。
寒かったので温かいそばにしようかと思いましたが、
せっかくの「新そば」、冷でいただきました。

ここまで来たら、道の駅・瀬女はあと4kmほど。
月命日のお供えを兼ねてお袋への手土産に「とちもち」を持って帰ろうと思ったら、
なんと定休日。 Orz
年中無休だと思っていたら、12~3月は水曜定休だそうです。


天気には恵まれましたが、定休日には恵まれなかったようで・・・

今年最後に90kmを追加して、
今年の全走行距離は2,000km超えました。
目標の半分。反省。

金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

鶴仙渓の紅葉

そろそろ冬型の気圧配置が当たり前となり、鉛色の雲に覆われる北陸の冬です。

今年最後になるかと思われる晴れの休みの日、
雨が上がるのを待って自転車で出掛けました。
まだ路面は濡れていますが、泥除けの付いた自転車なので大丈夫です。
170916_3.jpg
Bianchi Minivero10

行先は山中温泉。
鶴仙渓(かくせんけい)という紅葉の名所です。
せっかくなので1眼レフカメラをリュックに背負って行くことにします。
冷たい向かい風で自転車が前に進みません。風裏になるような山里を走ります。
細かなアップダウンを繰り返して、予定より大幅に遅れて山中温泉に到着です。
すでにかなりの脚を使っておりますが、復路は追い風なので大丈夫でしょう。

191116_1.jpg

191116_2.jpg

191116_3.jpg

191116_4.jpg

で、紅葉は期待ほどではなくて、まだまだ早いようでした。
もうちょっと紅葉が進むと見事な景観になるのですが、
その間に、冬の嵐が来ると葉が落ちてしまうというというジレンマ。
昨年はそのパターンでした。

191116_5.jpg

「こおろぎ橋」が、架け替えられていました。

191116_6.jpg

こちらは下流の「あやとり橋」

こおろぎ橋とあやとり橋の間、川べりに遊歩道があるのですが、
あいにく自転車のワイヤーロックを忘れて来たので歩けませんでした。
つい先日、自転車盗難に合う夢を見たばかりなので・・・


復路は追い風。
でも、午前中よりは弱まった感じで快調というほどでもありません。
まあ、往復向かい風という最悪のパターンでは無いので良しとしましょう。

120km超えは、この自転車ではおそらく最長距離になると思います。
キツイ登りさえ無ければまあまあ走れるのですが
長距離では、固い革のサドルが、お尻には拷問のようです。(>_<)






金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

今年最後のアドベンチャー

年初に「今年の目標」というものを立てました。


今年は、春先までの膝痛、貧血の悪化、猛暑、五十肩などの影響もあって、
5項目のうち、1)3)4)は実現できておりません。
それで、おそらく今年最後のチャンスになるであろう昨日と一昨日、
せめて最も現実的な3)をクリアしようと旅に出ました。

191101_1.jpg

朝7時、天気は良いけど肌寒い。走り始めたら暖かくなるだろうとウインドブレーカーを羽織って家を出ました。
南砺市までの県境は4つほどの小さな丘を越えていきますが、息が苦しく、心臓が痛い。

諦めて引き返そうかとも思いましたが、福光で休憩して、庄川に付く頃にはちょっと落ち着きました。
クマよけのベルを忘れたのでホームセンターで購入。
おそらく、この先、昼食の摂れる食堂はおろか、コンビニ・自販機すらないことが予想される道ですので
コンビニでおにぎりやプロテインバーを購入して備えます。

191105_2.jpg

国道471号を登り始めてすぐ、「牛嶽林道」の入り口が現れます。

191105_3.jpg

7%前後の九十九折れに、時折10%を超える激坂区間。
苦しいですが
貧血なんかに負けてたまるか!
と気合を入れて登り続けること40分、突然、眼の前に東屋と展望台らしきものが現れました。

191105_4.jpg

情報では木が生い茂って近付けない、とのことでしたが、しっかり手入れされておりました。

191105_7.jpg
191105_6.jpg

紅葉にはまだ早いでしょうか、展望台からは砺波平野の散居村が望めます。

191105_5.jpg

東屋でおにぎり休憩。

191105_8.jpg
191105_9.jpg

目の前に現れたのは「牛嶽トンネル」。こちらも情報では、
入り口付近に草が生い茂り、入ることを躊躇してしまうほどの不気味さ、
とありましたが、割と整備されています。
明りはないので中は真っ暗で怖いですが・・・。

191105_10.jpg

富山市山田側の出口。
かわいらしい牛のモニュメント。

191105_11.jpg

下って登って、また下って登ってを繰り返し、湯谷川ダム。

191105_12.jpg

管理所で本日1枚目のダムカードを頂戴して、次へ向かいます。

再び、下って登っての連続。そして険道マニア御用達の富山県道230号線。
離合不可能な1車線の道路は、落石に落ち葉や落木で覆われ、
左は切り立った崖、右は室牧川の深い谷、ガードレールのようなしゃれたものはありません。
落ちたら終わりの急坂を登ること40分、目の前が急に開けて、アーチ式の小高いダムが現れます。

191105_13.jpg

富山県営の室牧ダムです。こちらでもダムカードを頂き、国道472号線に廻り次の目標へ向かいますが、
脚はもうパンパン。
今日の最後の予定は久婦須川ダムです。確か標高370m。
諦めようかとも思いましたが、この機会を逃すと、チャンスはいつあるかわかりません。

久婦須川沿いの長い長い登りを上がって行きますが、幸い斜度も緩く、
ラスト1.5kmのダムの取り付け道路は7%ほどありましたが、無事に到着。

191105_14.jpg

ダム湖の周回道路を回って、MTBコースなどのある公園の下見をするつもりが、
久婦須川左岸の道路は崩壊中で通れませんでした。


取りあえず目標は達成したので、後は今来た道を下って宿まで行けば
本日の予定は終了ですがそうは問屋が卸さず、
予定していた道(R199)が工事中で通行止め。 (>_<)
う回路が、なんとなんとアップダウン連続の山道で、疲労困憊で宿に辿りつきました。
走行距離は114km程度とたいしたことない距離でしたが、獲得標高は1,936mで過去最高でした。



温泉に浸かって、お楽しみタイム。

191105_17.jpg

さすがにこれだけ疲れていると、ビールとハイボールを各1杯で酔いました。
ふたたび温泉に入り、横になってウトウトしてしまったのが運の尽き、
気が付くとまだ11時、宿の前を走る国道41号線の車の音が耳に付いて眠れず、
そのままゴロゴロしているうちに朝を迎えました。

191106_1.jpg

朝風呂に入り、朝食を頂いて、宿を後にします。
ダム管理所の開く時間に合わせて、熊野川ダムに向かいます。

熊野川沿い、片山学園の前を過ぎたあたりから、登りが始まります。
まだたいしたことのない坂ですが、向かい風気味、
東小俣という集落を過ぎたあたりから本格的な急坂が現れ、ラスト2kmはぼろぼろになりながらなんとか登り切り、
管理人のかたからダムカードを頂きまして、これで「自転車で行けるダム」のダムカードはコンプリートです。

191106_2.jpg

目標はクリアしたのであとは帰るだけ。
走り慣れた県道35号線、国道359号線、県道11号27号、国道304号を乗り継いで金沢に着いたのは午後2時過ぎ。
泥だらけの自転車とシューズを洗い、シャワーを浴び洗濯をすませたら、
今年最後の旅というか、アドベンチャーが終わりました。



本日の走行距離102km、獲得標高897mでした。

191107_3.jpg

今回の戦利品、ダムカード4枚。
あとは、自転車では行けない、黒部ダムと黒部のトロッコ列車になります。
あ、乗り場までは行けるな・・・


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

盆明けにスポークが届いていたのですが、
なかなか手を付けられずにいた自転車のホイール。

190823_5.jpg

スポークの下準備をして

190823_6.jpg

前輪の仮組

190911_1.jpg

後輪も仮組が出来て、これから振れを追い込んでいきます。


そして

190823_7.jpg

カメラのフィルムを箱買いしました。^_^;

自転車とかカメラとか、
どんどん沼にはまって行くなぁ・・・・


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

次のページ