FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

レンズを新調しました

加齢性遠視(老人性遠視)については過去に何度か書いておりますが、
現在、この普通に起こるイベントが自分に起きている真っ最中でして、近視の度数が大幅に減ってきました。

裸眼での遠見視力が少し良くなる、レンズの厚みが減る、などのメリットは有りますが
逆に、手元が見えにくい、レンズの度数が変わる、などのデメリットもあるわけで、
自分のメガネのレンズ交換も必要になってきました。

210727_1.jpg

今回は、同時に3本のレンズ交換です。
度数は全く同じで、上からすべてHOYAの累進レンズで、
・ウェルナ・フィールド
・シンクロ・フィールド
・スペクティHG・フィールド
となっております。
違いは、主に累進構造で、上から
・両面複合累進
・内面累進(両面シンクロ)
・内面累進
です。

累進構造の違いは、過去に書いております。
https://optpal.blog.fc2.com/blog-entry-1025.html
https://optpal.blog.fc2.com/blog-entry-1038.html


見え方の違いは、掛け比べて見ると、実に良くわかります。

値段の違いほど違わねぇー(笑


もちろん、違いはあります。
中間部の視野の広さ、遠用周辺部の像のシャープさ、足元の浮き上がり感や、顔を振ったときの足元の揺れなど、
値段の高いレンズのほうが確実に性能は上です。
ただ、スペクティーの1.5倍の価格のシンクロ、同じく1.75倍のウェルナ、
この価格差に見合うほどの違いかというとそうでもない気がします。

少なくとも、ウェルナなら掛けられるけれどもスペクティーだと無理、
というような極端な例は、おそらく起こらないと思います。

まあ、ご予算が許すならば、ウェルナを選んでおけば間違いない、とは思います。
フィールド(通常の遠近)とシティー(中近重視の遠近)は生活習慣に合わせてお選びいただけます。


尚、今月、HOYAより最高峰のメガネレンズ「HOYALUX 極」というレンズが出ました。
両面複合累進のindividual設計のレンズです。
前傾角、頂点間距離、そり角等のパラメータを考慮してレンズの補正を行うものです。
それについては思うところもありますので後日書こうとは思うのですが、
ちなみに価格は、スペクティーの4倍超です。
高屈折やらその他オプションを付けると10万円を大きく超えていくような価格設定です。

誰が買うねん!

もちろん、性能が良いのは間違いのないところですが、
果たしてその性能の違いを、わかる人が居るのだろうか・・・

良いレンズを使っている、ということで、安心感とか所有欲を満たせる需要というのはあると思います。
ただ、私だったら、HOYALUX紬とか極というハイエンドなレンズを買うなら、
ウェルナのフィールドとシティー、フィールドとルームといった、目的の違う累進レンズを
2つ購入するほうが、日常生活に便利でお得、じゃないかと思っております。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)


テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

シティーというレンズ

加齢性遠視がまた進んだ(近視が弱くなった)ので、過矯正になってしまった以前のレンズを交換しました。

210523_4.jpg

今回のレンズは
HOYALUX シンクロ シティー 1.60 SFT
というものです。
もちろん、ブルーライトカットは入れていません。不要だと思いますので。

注目すべきは、注文度数に対して、「遠用確認度数」というのが大きく解離していることです。

さて、このCityというレンズ、元ネタはHOYAの製品名でJAZZという名前で、両面複合累進設計で世に出たものです。
今は、高額な両面複合設計だけでなく、ややリーズナブルな内面設計のレンズでも出ています。
このシンクロシティーはその内面累進レンズになります。

このJAZZというレンズが開発された背景は、ちょっとした誤算というか偶然でした。
先に、中近の累進レンズが発売されており、メーカーとしては、あくまでも室内での装用のみを想定していたのですが、
中近を常用するかたが思いの外多かったという結果となりました。
足元のボヤケを気にしなかったり、遠見の明瞭度を求めない場合は、中近でも事足りるわけです。
そこで、「より常用に適した中近レンズ」あるいは「より中近重視の遠近レンズ」というコンセプトで
商品化したのがJAZZの生い立ちです。

他メーカーもこれをパクり、インスパイアし、東海光学は「フィット」、セイコーは「タウン」という名で
同じコンセプトのレンズを出しています。

拙ホームページに

~遠近レンズと中近レンズ~ 

というページがありますが、
この遠近と中近の間のようなレンズとなります。

200523_1.gif

具体的には、水平視線の位置(アイポイント)付近で近用加入度数の10数パーセントが与えられています。
水平視線の6mm上では遠用度数、14mm下で近用度数が得られます。
その結果、中間の視野の広さを確保、、度数変化が緩やかになり足元の揺れや浮き上がりが軽減されています。
半面、水平視線での遠方の明瞭度は下がります。

このレンズ、ハマるかたにはハマるのですが、ハマらないかたには全く合いません。
その度数決定も含めて、適応が難しいレンズです。
幸い、当店にはこのレンズの試着用サンプルレンズがあるので、
遠近、中間重視の遠近、中近と3種のレンズを掛け比べて頂くことが出来ます。

そしてこれは私のメシノタネになるので公表はいたしかねますが、
このレンズが、合う合わないそれぞれのパターンがかなり明確になってきました。

今まで、どうしても遠近両用レンズが合わないと思われているかた、
特に遠近両用の視界の揺れが気になって不快に思われたかたに
お試しいただきたいレンズです。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

累進帯の長さ

過日、遠近の累進レンズでメガネをお作りいただいた富山県のお客様から、
累進帯長を教えて欲しい、と電話がありました。
なんでも、メガネに詳しいお友達から、
そんなに天地幅の狭いフレームで遠近は出来ん。自分の作った店では最低32mmは無いとダメと言われた。
と言われたらしく、不安に感じられたそうです。


累進帯長とは

200312_1.jpg

これはとあるメーカーの累進レンズのレイアウトデータですが、赤枠で囲んだ部分、
フィッティングポイント(遠用アイポイント)と近用度数測定位置までの距離のことです。
この累進帯という部分で、遠用度数から近用度数まで、「累進的に変化」するのが遠近の累進レンズです。
この硝種では11mmと14mmの2種類ですが、他メーカー他銘柄のレンズでは
8mmくらいから16mmくらいまでいろいろとあります。


細かいことを言うと、累進面が外面にあるか内面にあるかで、この長さの評価は変わってくるのですが
それは今回は置いておきます。

累進帯の長さは、掛け心地や使い勝手に影響してきます。
細かな差異はたくさんありますが、今回は端折って肝心な部分だけに留めます。

一般的に、累進帯長が長いと、度数変化が緩やかになります。
そのため、足元の浮き上がりが少なくなり掛け心地が良くなります。
半面、近見時の下方回旋が多くなるので、近くを見続けるのがつらいという欠点があります。

累進帯長が短いと、度数変化が大きいので、足元の浮き上がりが大きくなり、視野が狭くなりやすい欠点が出てきますが
下方回旋が少ないことで、近見が楽にできる利点があります。

累進帯長を長くするか短くするかは、装用するお客様のいろいろな条件によって変えます。
そのお客様にとってより都合の良いほうを選んで、もちろん、装用テストをした上で決定します。


最低32㎜無いといけない、というのは、間違った意見でも無いと思います。
累進帯長が14mmだとして、近用部に6~7mm、アイポイントから上の遠用部に11~12mmとすれば、
天地幅は32mmくらい必要となる計算が成り立ちます。

個人的には、アイポイントからレンズの下端まで、累進帯長プラス5mmあれば十分だと思っていますので
11㎜の累進レンズが使えれば、アイポイントから下が16㎜、遠用部に10㎜程度で合計26mmあれば、
とりあえずは視野の狭さに困ることは無いと思います。
遠用部は、アイポイントから離れると収差の増加で見えにくくなるので、
むしろ無駄な部分が少ないほうが見え方はシャープです。


今回のお客様のレイアウトは以下の通り。
緑の円の中心がアイポイント、下の赤い枠が近用度数測定位置です。
200312_2.jpg

累進帯長は11mm、アイポイントから下は18㎜、アイポイントから上は10㎜で上下幅28㎜です。
玉形サイズが46□20という男性としては超が付くほどの小顔のかたです。
これ以上大きいと、お顔にたいしてメガネがでかくなりすぎてバランスが悪いです。
また、左右差が2.00D強ある不同視眼なので、眼の上下への回旋は少なくしたいという部分もあります。
不同視による不等像は起きていませんが、上下への回旋時に受ける左右眼のプリズム量の差が問題になることがあるのです。
幸い、累進レンズの経験もあり、左右眼のプリズム差への耐性は高いようでしたので、
やや短めの11㎜の累進帯を持つ遠近両用レンズを選びました。



私は、各メーカーのレンズの特性を知るために、
いろんな銘柄の、累進帯長も長短織り交ぜてたくさんのメガネを所有しておりますが、
累進帯長で言えば、一番短いもので9㎜、長いもので14㎜です。
9㎜でもさほど違和感は感じませんが、
14㎜もあると、近見時に物足りなさを感じますので、
下方回旋が少なくて済む11㎜くらいが使い勝手とバランスが良いように感じます。

最近のレンズは、収差補正がものすごく良くなっているので
累進帯が短くても、ボヤけとか視野の狭さを感じにくくなっているという印象です。
10年ほど前は、累進帯長11㎜を使うのは怖かったですが、今では何の抵抗も無くなりました。



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

老眼鏡と中近とメガネ型ルーペ

顧客管理コンピューターでは、月報や年報などいろいろな統計が取れるようになっています。

191210_1.jpg

それ以外にも、自由にフラグを立てたり、条件を選択して検索できるようになっているのですが、
なんとなく、最近、いわゆる単焦点の「老眼鏡」というものを作ることが減ったような気がして調べてみたところ、
やはり販売総数の4.98%と、かなり少ないことがわかりました。

10年以上前、穴水町にいたころにも同じように調べたことがありましたが、
その時は30%を少し超えていたはずと記憶しています。

当時とは、営業形態が全く違うので、当然と言えば当然ですが、
自分自身が「中近レンズ」という累進レンズを使うようになり、
この便利さを実感するようになってから、お客様に薦めることが多くなったように思います。
以前よりも、単焦点レンズとの価格差が小さくなってきていることも
中近レンズを売りやすくなった理由でもあります。

中近レンズが世に出た時、私はまだ老眼にはなっておりませんで、
「なんとも中途半端で扱いにくいレンズやなぁ」
というのが正直な実感でした。
自分が老眼になり、遠近両用レンズを使い始めた頃、
細かい作業をするときはメガネをはずして裸眼で見る(近視なので裸眼で眼前にピントが合う)
ということをやっていましたが、
それが面倒になり、中近を試してみたところ、非常に具合が良いことに気付きました。

中近レンズは用途に応じて、処方度数を調整する必要があります。
また、硝種によって加入度数の入り方が違うので、選択する硝種も考慮する必要があります。
そして「調節バランス」を正確に取らないと左右眼で焦点の合う距離がズレることになります。
もちろん遠近でも単焦点でも同じですが、中近は、より顕著になります。


中近レンズの取り扱いは難しいですが、
ちゃんと合わせれば、派手なコマーシャルをしているあのルーペよりも
ずっと使いやすくて便利なものになると思います。

181030_1.jpg

中近はルーペでは無いので拡大はしませんが、
掛けたまま、手元も少々離れたところも、場合によっては遠くまでちゃんと見えます。
眼前のとある距離のものを拡大するだけのルーペよりも、
日常生活の中では、このほうが便利だと思うんですけどね。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

中近重視の遠近両用

レンズメーカーのHOYA様より、こんな販促物が届きました。
吊り下げたり、ディスプレイ台に積み上げたりできるPOPです。

191122_1.jpg

遠近両用の「Field」
中近重視の遠近両用の「City]
室内用の「Room」
の設計の違う3種類の累進レンズをHOYALUXなら選べます、
という内容のものです。

他のメーカーでも、同じような設計の違うレンズはあって選べるのですが、
同一銘柄でシステマチックに揃えているのは、HOYAとSEIKOの2社でしょうか。

ここで注意することは、「City」は中近重視となっていますが、
いわゆる「中近」の累進レンズではありません。
従来、「中近」と呼んでいたもの(現在もですが)は「Room」になります。

この中近重視の遠近両用「City」は、以前は「HOYALUX JAZZ」という名前でデビューしました。
アイポイント(フィッティングポイント)で、すでに近用加入度数の10数パーセントが付与されているもので、
遠近に比べて中間距離から近距離が見やすくなっており、
度数変化もゆるやかな設計で、ゆれゆがみを感じにくいという特徴があります。
ただ良いところばかりでもなく、合う合わないの個人差があって、難しいレンズでもあります。

私自身は、HOYALUX JAZZが出る以前のことですが、
遠近両用レンズのアイポイントを高めにすると、近見時の下方回旋が少なく出来て快適だということに気付いていました。
当然、遠方視のクッキリ感は落ちるのですが、
遠用度数の調整や、やや上目使い(顎を引く感じ)で遠くを見る感じで、そのあたりの問題ははクリアできます。

私にとっては、この中近重視の「City」というレンズは非常に使いやすいし、
お客様にも是非おすすめしたいのですが、
繰り返しになりますが、合う合わないの個人差があって、
誰にでも使っていただける万能なレンズとは思えません。
この見極めはなかなか難しいです。
テストレンズで試してみるのが望ましいわけですが、
この種のレンズのテストレンズが市場に出回っている量は非常に少ないです。

そして、このアイポイントに10数パーセントの加入度数が与えられているという事の意味。
これが理解できていないと、快適に装用できるメガネは提供できないと思います。


従来の遠近両用レンズで、中~近距離の見え方に不満のあるかたがいらっしゃいましたら
是非とも、この中近重視の遠近両用レンズをお試しください。
当店にはテストレンズも完備しております。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

次のページ