fc2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

深視力検査についての問い合わせ(定期)

過去にも書いてますが・・・・

深視力検査のみのご依頼

深視力についてのこんな相談(デジャブ)



昨日のことですが、来客中に男性から電話がありました。


内容は、
免許用にメガネを作ったが深視力検査に落ちた。
そちらで検査をしてもらえると(ネットか何かで)見た。
メガネを作ったばかりで、新たにメガネは作れない、

とのこと。

中型か大型か2種免許かは存じませんが、新たに免許を取得するものと想像しますが、
そのためにメガネを新調したものの深視力検査で引っ掛かってしまったようです。


深視力検査に合格できないのには何らかの問題があって、
その新調したメガネでは問題を解決できていないわけです。
その状態で深視力の検査のみをしたところでどうなるものでもないです。
問題を解決するためのメガネを作れないのであれば、当店としては出来ることがありません。
そんな夢のような魔法は存在しません。


また、一昨年に施行された国家検定資格「眼鏡作製技能士」は、
眼科にたいして従属的な立場を明確にし、
発行された処方箋の通りに作りなさい、処方箋が間違っていたらその尻拭いもしなさい、
というアホみたいな資格です。
近視のお客さんに「近視ですね」ということもアウト。
ましてや深視力の問題を解決するために種々のデータを集めても、
その説明などをすることは、診断行為となり、医師法や薬機法に抵触するとされています。

あくまでも、お客様が、自分の意志でメガネ度数を決定するためのお手伝いをすることが
私たちに出来るギリギリのラインなのです。


仮に、当店でやっているルーティーンの検査の結果、原因が分かったとしても、
それをお伝えすることもできませんし、ましてや処方箋のようなものを発行することもできません。
従いましてメガネ作製を前提としない検査はお引き受けいたしかねます。



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)





テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

Instagram

このところブログの更新を怠っておりますが、
入荷商品や商品作例などの紹介は
Instagramにて行っておりますので是非ご覧ください

→ Instagram



テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

HOYA社のシステムトラブル

全国ニュースにもなっておりますが、
先月30日より、レンズメーカー大手、HOYA社のコンピューターシステムが
外部からの攻撃を受け停止しておりまして、
HOYA及びグループ会社であるSEIKOのレンズの発注が行えない事態となっております。

特にレンズ調達をHOYA一社に依存している小売店というのが存在しているそうで、
その対応に苦慮しているそうです。、


当店では、主に累進レンズ(境目のない遠近両用レンズ)にHOYAのレンズを多く使っておりますが、
以前、HOYAのタイランドにある工場が洪水被害で長期間稼働できなくなったこともありまして、
そういう事態に備える意味合いもあって、
私自身、他メーカーの多くのレンズを自分の眼で試しておりますので、
代替できるレンズは把握しており、特に問題はございません。

当店では、現在、単焦点レンズは、東海光学、伊藤光学、昭和光学といったMade in Japan メーカーに、
累進レンズはHOYA、東海光学、伊藤光学等を、お客様の事情に合わせてレンズをチョイスして使っております。

特に、東海光学は製作範囲が非常に広く、他メーカーが作れない強度レンズ、強度プリズムにも対応してくれますし、
伊藤光学は、納期が非常に早く、また特注単焦点レンズのオプションにきめ細かく対応してくれますので、
HOYA一社に頼ることなくレンズをご用意できます。



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

黄斑前膜症(黄斑上膜症)と上下斜位


黄斑前膜症(黄斑上膜症)の術後のかたに、
偏位量の大きな上下斜位のある割合が高い、と感じるのですが、
インターネットにそういった文献がないか探してみたところ見当たりませんでした。

1件だけ視線のズレを指摘するHPがありましたが、
医療機関ではなく同業者で、私も存じ上げているかたでした。
(さすが!やるなぁ。)


どうして斜位が発生するのか、その機序はわからないのですが、
前膜に牽引された黄斑部が、ズレてしまうのではないかというのがあくまでも個人的な仮説です。
黄斑前膜症の手術が、外眼筋の均衡に影響を与えるとは考えにくいためです。

また、黄斑前膜症の手術は同時に眼内レンズの移植手術を行うことが多いですが、
これは白内障の手術と同じです。
眼内レンズのズレが斜位を起こすことは知られていますが、黄斑前膜症の際の眼内レンズ移植の時だけ
ズレの発生が大きくなるとも考えにくいので、この原因の可能性も低いです。


発生機序がどうあれ、レンズが作製可能で、また物理的に装用可能な厚み重さの範囲の斜位であれば、
レンズにプリズムを組み込むことで矯正は可能です。
プリズム眼鏡、プリズムレンズなどと呼ばれるものです。

黄斑前膜症の手術後に目の不調を感じていらっしゃるかたが居られましたら、
この原因を疑ってみてください。
特に、片目なら良く見えるが、両目で見るとなんかおかしい、という場合は斜位が原因かもしれません。



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)



テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

閉校

私の母校である金沢市立馬場小学校が、
昨日をもって閉校となりました。

240324_1.jpg

選挙の際に体育館には何度か入ったことがありますが、
昨日は校舎が一般開放されましたので見てきました。

私の通っていた当時とは校舎が建て替わっていて特に思い出とか思い入れのない校舎ではありますが
同級生と久しぶりに顔を合わせてしばし歓談しました。

昨年、金沢市立小将町中学校が、
数年前には、大阪の日本眼鏡技術専門学校も閉校になり、
母校と呼べるものが減ってしまいました。



金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)



テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

他店販売メガネのフィッティング

一昨日の夕方のこと、

他店購入のメガネのフィッティング調整を有償でしてもらえるとHPで見た

という電話がありました。
こちらのページになりますでしょうか。

●他店で購入されたメガネのフィッティング調整について


お引き受けできかねる案件として、つらつらと書いてありますが、
これを読めば、むしろ他店購入品の調整はお断り、とも読めるかとも思うのですが、
まあとりあえず状況を伺うと、

作ったばかりのメガネの鼻当ての当たりが悪く、
販売店にはこれ以上の調整は無理と言われた


そうです。

はぁ?
何それ?


で、本日、そのメガネをご持参されたのですが、
現状では鼻パッドの下端が、顔に突き刺さっていました。


画像を公開すると、どこで販売されたかがわかる商品でしたので画像は載せません。

鼻当ての足(クリングスと言います)が、上からの吊り下げ式になっておりました。
こんな感じです。

240309_2.jpg

この形状のクリングスは、起こしたり広げたりの調整は可能ですが、
寝かせたり立たせたりという微調整は、クリングスを捩じる必要があり、ほとんど出来る余裕がありません。

これに加えて、玉形は、かなり大きなボストン型です。
こんな感じ。

240309_3.jpg

サイズは52□22くらいで、鼻幅も広いので、パッドが鼻にぴったり沿うように合わせると、
上下幅が大きいことも相まって、フレームの下端が頬に当たります。
それを避けるために前傾角を起こすと、上端が眉間に当たります。
まつ毛もレンズに当たりますし、
下手すると眼瞼もレンズに触れます。
笑ったりすると頬がメガネを持ち上げてパッドが浮きます。
そのくらい顔に近付き過ぎる状態です。
で、このかたは、特別に鼻が低いとか、
頬が高いということもありません。

240309_4.jpg

鼻幅が広い場合は、吊り下げ式のクリングスは、リムではなくブリッジから下げてくれば良いのですが
残念ながらそうはなっていませんでした。

あるいは、吊り下げ式でないスネーク足のクリングスを
内側に動かしやすい形で使えば良いだけの話。
設計者の意図がわかりません。


お引き受けいたしかねる案件

・お顔にまったく適合していないフレーム、調整余地の無いフレーム

に該当します。

パッドを起こして鼻に突き刺さる形にするか、
パッドを鼻に合わせてフレームが顔に当たるようにするか、
の二択です。

本当に、「これ以上の調整は無理」なフレームでした。
フレームの選択の間違いです。
普通は、注文を受ける段階で確認するべき事項です。


返金を要求するか、顔に合ったフレームへの交換を要求しても、無茶なクレームとは思いませんが、
そのお店がそういう対応をするかどうかは存じません。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

メガネケース

240309_1.jpg

某DCブランドフレームに付属のケースが、
何やら醤油でもこぼしたかのようなシミが付いており、
問屋を介して連絡したところ、
「再生紙を使用しており、中には汚れて見えるものがある」
と返事が来ました。


同ブランドの他のケースを見ると、
確かに汚れのようなものがランダムに付いていました。

SDGsは結構だけど、ちょっとこれは違うんじゃないかと思いました。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

重度不同視眼の深視力

過日、深視力用眼鏡の相談を受けたのですが、

所持眼鏡が
R=Sph+0.50D Cyl-2.25D Ax8
L=Sph-8.50D Cyl-0.50D Ax90



かなり大きな不同視で、すでに教習所を卒業済みでした

いや、こんなん無理やろ!?

と正直思いました。
まともに両眼視できるとは考えにくいので。


完全矯正値
R=Sph+0.50D Cyl-2.00D Ax15
L=Sph-9.50D


垂直方向で8.50Dもの不同視です。
両眼視はしてないだろうと思いつつカバーテスト、オルタネイトカバーテストをすると、
斜視ではなくて、両眼視しているように見える外斜位でした。

偏光テストでは、
不等像無し
十字で 7△B.in
立体視前後反転も正常


少しバラツキはありますが、何とボーダーラインまでいけそうでした。

30代のとき、
佐賀県でメガネを作った時に(それまではコンタクトレンズ)
店主に不同視の説明を受けてこんな度数のメガネを掛け始めたそうです。


名前は存じませんが、たいしたもんだと感心しました。
自分では左右差に限界を設けず柔軟に対応しているつもりでしたが
恐れ入りました。

子供のころにも、適切な屈折矯正を受けてこられたのだと思います。
やはり、左右差があるからと言って、根拠のない2Dの差に縛られるのは厳禁です。




金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)




テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

次のページ