こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

南砺ダム巡り

天気予報では、曇りの予報ながら、降水確率は20%ということなので、
路面が乾くのを待って自転車で出掛けました。

目指すは富山県南砺市です。
南砺にあるダムを巡る山サイクリングを予定。
県境を越えたあたりで大粒の雨が落ちてきました。
福光町の道の駅「なんと一服茶屋」で雨宿り。
早い昼食を食べたり、物産館をうろうろして路面が乾くのを待ちます。

日差しと風で路面も乾いてきたので、城端に向けて出発。
まずやってきたのは是ヶ谷ダム。
170706_1.jpg

天端が広く県道も走っており、野池か農業用ため池のように見えますが、ちゃんとアースダムです。
昨日の大雨の影響か、右岸の自然越流式の洪水吐から越流してます。

170706_2.jpg


続いてすぐ隣の桜が池。

170706_3.jpg

こちらは市民憩いの公園に整備されておりますが、やはりこちらもアースダム。
同じく右岸の洪水吐から越流していました。

170706_4.jpg


そしてこれもすぐ近くにある城端ダム。こちらは重力式コンクリートダム。

170706_5.jpg

中央の常用洪水吐から放水中。
管理者が留守で、ダムカードが貰えなかったのはアンラッキーでしたが、
融雪期はともかく、普段はなかなかダムの放流は見られないのでラッキーでした。
綺麗に整備された公園もあるのでまた近いうちに訪れたいと思います。

170706_6.jpg



山を一つ越えたところに臼中ダムがあります。
一旦、市街地まで下って登っても良いのですが、
林道で繋がっているようなので、一旦登って、臼中ダムには上流側からアプローチします。
10%近い勾配が2km近く続きましたがなんとか登り切りました。

臼中ダムです。

170706_7.jpg

良くあるロックフィルダムですが、リップラップ(堤体表面材)が細かく綺麗に敷き詰められて非常に美しいです。
洪水吐の越流部の中央にモニュメントがあって、よく見ると日時計になっています。

170706_8.jpg


ここからも林道を伝って刀利ダムに行けるらしいのですが、
林道は落石や路面に水が染み出して危険なので、いったん下流に降りることにしました。
となりの谷筋を再び登り始めます。
城端ダム~臼中ダム間の林道でけっこう脚を使い切った感じがあるのですが、
ここまで来たら刀利ダムも見ないことには、というよりも、臼中ダムのダムカードは
刀利ダムに行かないと貰えません。

着きました。

170706_9.jpg

崖と木の間から、突然オレンジ色のキャットウォークが特徴的なアーチダムが現れます。
アーチダムかと思いきや、左岸から見ると、アーチダムと重力式コンクリートダムのハイブリッドだとわかります。

170706_10.jpg

黒部ダムも同じ構造です。

170706_11.jpg

完成時から37年間使われたハウエル・バンガーバルブが展示されています。
もしかしたらこの大雨で放水されているかも?と少し期待しましたが
残念ながら水位には余裕があるようでした。


本日は2基のアースダムに、ロックフィルダム、重力式コンクリートダム、アーチダム各1基が見られて
大満足の一日となるはずのところ、
この刀利ダムから最短距離、そして下り道で金沢に繋がる県道10号線が
折からの雨で通行止めになっていました。

福光まで山を下り、再び県境の峠を越えて自宅に着いたときには、
脚にかなりのダメージが来ました。


まだまだ自転車に乗る体が出来上がっていません。 (>_<)
なんとか今年中に東京→金沢を実現させたいのですが・・・

本日のルート


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optpal.blog.fc2.com/tb.php/990-435bed04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad