こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

不等像視の相談

黄斑前膜症(黄斑上膜症)の手術をして、不等像が出たというかたから、
どういうメガネが作れるのか?という問い合わせの電話がありました。

黄斑上膜症がどういう病気かは、
検索していただければ専門家による詳しい情報が出てきますので当ブログでは割愛しますが、
黄斑上膜症の症状のひとつに変視症(ものが歪んで見える)や大視症(ものが大きく見える)があります。
変視症は網膜の皺で起こり、大視症は網膜の肥厚化で起こるものと思われます。

この大視症により、左右眼で網膜像の違いが発生し、不等像視を起こします。

サイズレンズといって、網膜像の大きさを変化させるレンズは理論上は存在します。
レンズのカーブと厚みを複雑な計算によって調整することで、網膜像の大きさを変えるものですが、
軸性と屈折性の屈折異常で像の大きさの変化の仕方も変わりますし、
実際は、あまり現実的なレンズとも言えません。
かなり厚く重くなる可能性もあります。

お電話の内容では、
3.5%の不等像が発生し、両眼視は出来るけれど眼精疲労がひどいという状況のようですが、
3.5%なら、屈折異常を利用して少し減らすことが出来れば、自覚症状は少しは改善するかもしれません。
が、専門知識の無い一般のかたに、電話で伝えることはほぼ無理です。
ましてや、両眼が今現在どういう屈折状態で、年齢、過去の眼鏡履歴などなど、
余りに情報が少な過ぎて、お答えすることも難しいです。


後から気付いたのですが、
この電話の主は、ところどころ専門用語も使い、声もお若かかったので、
もしかしたら眼科のスタッフが患者を装って掛けてきたのかもしれません。

そうだったら、「○○病院眼科の○○ですが」と名乗っていただけた方が、
単刀直入にお話しできますので、できましたら、身分を明かしてご相談ください。
別にお名前で無くても、「看護師」「視能訓練士」「眼科診療助手」など役職でも良いです。

金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

火曜か水曜に、うちにもかかってきましたよ。
お若そうな女性で、コの字で3.5%ということでした。
「やるとしたらサイズレンズですが、トライアルがないので一発勝負になります。見た目や重さの問題もありますから、実用的ではありませんし、私は一度も処方したことがありません。
不等像視以外にも、上下や斜めの眼位ずれが生じている可能性もなくはないと思いますが、それは電話ではわかりませんし、コの字をやられているのなら、大きなずれはないのかもしれません。」といった話をしました。



   

  • 2017/06/09(金) 21:07:24 |
  • URL |
  • キベベ #-
  • [ 編集 ]

お若い声で、「コの字で3.5%」「モノビジョン的な対応」など、
一般的でない単語混じりでしたので、
医療関係者かと思ったのですけどね。


眼内レンズ、あるいはコンタクトレンズで少し近視の屈折状態を作って
それをメガネで矯正して少し網膜像を小さくするとか、
そういう対応も考えられますが、
ただ、これも上手くいくかはやってみないとわからないわけで・・・


  • 2017/06/10(土) 10:17:39 |
  • URL |
  • Specky! #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optpal.blog.fc2.com/tb.php/974-8c8c6de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad