FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

不同視のご相談

まだお若い声の男性の声で、
「嫁が不同視で、メガネが合わずに苦労している」という電話相談がありまして、
その日の午後のうちにご来店されました。


電話口では、例の「根拠の無い2Dの差」で低矯正を強いられているのかな、
と思いましたが、実際はちょっと違っていました。


お持ちのメガネは
R=Sph-0.75D Cyl-0.50D Ax170
L=Sph-2.25D


R=Sph±0.00D
L=Sph-1.75D

の2本で、主訴としては疲れる(特に左目)ということです。

両眼開放屈折検査による完全矯正値は
R= Cyl-0.50D Ax160
L=Sph-2.00D Cyl-0.50D Ax180

眼位はほぼ正位で、不等像視もほとんどありませんでした。


ご所持のメガネのうち、前者は右目の過矯正で完全にアウト、
後者は1.75Dの差で、一応、教科書的にはOKな差であり不等像視も無いのですが、、
このかたは、左右差への耐性が弱いためか、非常に疲れを自覚しやすいようです。


上のリンク先の記事のように、私自身は不同視の矯正に限界は設けておりませんが、
お客様の方に限界があるようではしょうがありません。

ただ、これで諦めてしまっては、
わざわざ七尾市から来られたことが徒労に終わりますので、
克服できるであろう左右差を慎重に見極めて、
少し左右差を減らすような処方でメガネを調製しました。

そのメガネと、ご所持の1.75Dの差のあるメガネを併用しながら徐々に耐性を付けていき、
将来は両眼ともバランスの取れた度数を掛けられることを目指しましょう、
というものです。
一度には無理でも、段階を経れば左右差に慣れていける、という症例はたくさん見ています。


不同視の放置は、両眼視機能という私たちの基本的な能力を阻害するものです。
長い目で見ると、斜位の発生や、抑制の発生による単眼視など、
問題のある事態に繋がりかねません。
そして、へリングの等量神経支配の法則を鑑みても、決して良い状態でないことは確かです。



不同視を積極的に矯正することは必要なことですが、
同時に違和感というクレームが出るリスクが高まります。
これ以上の差は無理ですよー
とか簡単に諦めてしまえば安全なんですけれども、
お客様の眼に寄り添った眼鏡技術者としては失格だと思っています。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optpal.blog.fc2.com/tb.php/1136-861232f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad