こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

不同視のご相談

まだお若い声の男性の声で、
「嫁が不同視で、メガネが合わずに苦労している」という電話相談がありまして、
その日の午後のうちにご来店されました。


電話口では、例の「根拠の無い2Dの差」で低矯正を強いられているのかな、
と思いましたが、実際はちょっと違っていました。


お持ちのメガネは
R=Sph-0.75D Cyl-0.50D Ax170
L=Sph-2.25D


R=Sph±0.00D
L=Sph-1.75D

の2本で、主訴としては疲れる(特に左目)ということです。

両眼開放屈折検査による完全矯正値は
R= Cyl-0.50D Ax160
L=Sph-2.00D Cyl-0.50D Ax180

眼位はほぼ正位で、不等像視もほとんどありませんでした。


ご所持のメガネのうち、前者は右目の過矯正で完全にアウト、
後者は1.75Dの差で、一応、教科書的にはOKな差であり不等像視も無いのですが、、
このかたは、左右差への耐性が弱いためか、非常に疲れを自覚しやすいようです。


上のリンク先の記事のように、私自身は不同視の矯正に限界は設けておりませんが、
お客様の方に限界があるようではしょうがありません。

ただ、これで諦めてしまっては、
わざわざ七尾市から来られたことが徒労に終わりますので、
克服できるであろう左右差を慎重に見極めて、
少し左右差を減らすような処方でメガネを調製しました。

そのメガネと、ご所持の1.75Dの差のあるメガネを併用しながら徐々に耐性を付けていき、
将来は両眼ともバランスの取れた度数を掛けられることを目指しましょう、
というものです。
一度には無理でも、段階を経れば左右差に慣れていける、という症例はたくさん見ています。


不同視の放置は、両眼視機能という私たちの基本的な能力を阻害するものです。
長い目で見ると、斜位の発生や、抑制の発生による単眼視など、
問題のある事態に繋がりかねません。
そして、へリングの等量神経支配の法則を鑑みても、決して良い状態でないことは確かです。



不同視を積極的に矯正することは必要なことですが、
同時に違和感というクレームが出るリスクが高まります。
これ以上の差は無理ですよー
とか簡単に諦めてしまえば安全なんですけれども、
お客様の眼に寄り添った眼鏡技術者としては失格だと思っています。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

片目だけ白内障の手術

今年の1月に右目の白内障の手術を行い、とりあえず遠近両用のメガネを作ったが、
どうもしっくりこないので相談したい

とメールで連絡を受けました。

ああ、またモノビジョンの失敗か・・・・
とも思いましたが、ご来店されてお話を伺うとそうではなく、
42歳で右眼のみ白内障の手術を受けたということでした。

現在眼鏡は手術を受けた眼科で処方された
R=Sph-2.50D Cyl-1.25D Ax5 ADD+2.50D
L=Sph-3.50D ADD+1.00D
という累進レンズでした。

どうしてこういう処方になったのか、その意図は理解できます。
右目は調節力がゼロなので近用加入度は+2.50D
左目は調節力が残っているので近用加入度は+1.00D
という根拠でしょう。



その結果として、お客さんの主訴は、
・パソコンや手元が見えにくい
・右目と左目のピントが同時に合わない

というものです。
絶えず首を上下にカクカクとさせて見える位置を探っていらっしゃる様子ですが、
どの角度にしてもしっくりこないようです。


調節力のある年代で、片眼のみ白内障を受けるという事例は
かなりレアなケースであるのは間違いないです。
私も、30余年の眼鏡屋人生でも経験はそう多くないですし、
こういうケースではこう対処すべし、という経験則と言えるほどのものは未だにありません。
が、この処方だけはオカシイやろ!と直感しました。



不具合を眼科に伝えても、
眼科は
「そんなもん」
「慣れなさい」


作ったメガネ屋に言うと
「半年以内なら交換するので、眼科で再処方してもらってきてください」
だそうです。

もう八方塞ですね。(>_<)



両眼開放屈折検査による完全矯正値は
R=Sph-2.50D Cyl-1.00D Ax180
L=Sph-3.25D Cyl-0.25D Ax10 2△B.in
です。
眼科の処方度数は、やや強いながらもまあまあ妥当な遠用度数でしたが、
左右の加入度数がこれでは、中間から近くに関しては見えにくいことは容易に想像できます。

このかたの場合、仕事でデスクトップパソコンを使う、
30cm程度の距離で小さな部品を目視する、
ということでしたので、
仕事で必要な中間から近方の見え方を重視して、
考えられる色々なパターンで実際に見て頂いて処方値を決めました。

使用環境の聞き取りといったカウンセリング、
デモレンズでの試行錯誤、そして説明など、かれこれ3時間半くらい掛かりました。
眼科では、一人の患者さんにこれだけの時間を掛けての眼鏡処方はできませんでしょうから、
処方箋は発行せず、メガネ店に丸投げしたほうが良いかと思うんですが・・・。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

運転免許更新の準備はお早めに

運転免許の更新期限を3か月後に控えたご婦人から相談を受けました。


当ブログで何度も登場しているクロスシリンダーですが、

160128_1.jpg

お答えの反応がイマイチ良くないことと、結果にバラツキがありました。


クロスシリンダーというのは、網膜に最小錯乱円というものを置いて、
その明瞭度の違いで乱視軸、乱視度数を調べて行くものです。
軸度を例にすれば、最初は10度、次は5度、可能なら2.5度、さらにその半分と、
徐々に「追い込んでいく」ものです。


これの反応が良くない、結果にバラツキがあるというのは、
クロスシリンダーの反転前後で変化を感じにくいという状態であり、
矯正視力があまり良くないときに起こりやすいです。

それでも、同じことを何度も繰り返して、
再現性のある結果は求めることができましたので、
確信を持って完全矯正値を得ることはできました。


しかし、矯正視力は当店の視力表で0.7が何とか見える程度で、
視力表によっては0.7を切るかもしれない、という状況でした。

眼科で、真中に近いところに白内障がある、という話を聞いているとのことで、
レチノスコープを使って網膜反射を見ると、確かに網膜反射が弱いようです。
それ以外には、眼の疾病に関しては何も言われていないということでした。


このくらいの矯正視力のときは、
「このメガネで更新は問題ないですから、安心して行ってきてください。」
とは言い切るのが難しいです。

「白内障の手術を受けた方が良いですか?」
と問われましたが、
「はい。」
とも言いにくいのが手術です。
現在は、リスクは極めて低い術式とはいえ、全くのゼロではないので、
これもYESと言い切るのは難しいです。



安易に、「このメガネで大丈夫」と言い切って作ってお渡しして、
それで通れば良いのですが、
もし通らなかった場合、現在3カ月の更新期限までの期間が、最長で2カ月になってしまいます。
手術の予約をして実際に受けられる時期は、
眼科によって違うでしょうが、評判の良い眼科では手術待ちが数カ月もあると聞きます。

このあたりの決断は非常に難しいです。
私に出来得る限りのアドバイスをさせて頂きましたが、
最終的な判断は、お客様に委ねるしかありません。

免許更新の準備は、お早めにしておいたほうが安心です。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

不同視(?)の相談

自分は不同視ではないか?
という相談の電話がありました。
電話の向こうから、小さな子供さんが叫ぶ声が聞こえていましたので、
30代あたりの男性だと思います。


右目が0.2で左目が1.2
小さい時にビリヤードのボールが目に当たり、そのころから右目が見えにくくなった



ということらしいです。

まず、不同視は、左右眼の視力に差があるということではありません。
左右眼の屈折度数に差があるものを不同視と呼びます。

極端な例ですが、
Rv=0.5(1.2*Sph-1.00D)
Lv=0.5(1.2*Sph+1.00D)

裸眼視力は左右共に0.5、矯正視力は1.2で視力に差が無くとも、
屈折度数が右目が1Dの近視、左が1Dの遠視があって、これは2Dの不同視です。

Rv=0.3(0.3*Sph±0.00D)
LV=1.5(1.5*Sph±0.00D)

n.c(Not Correct)と記載することもありますが、矯正不能という意味です。
片目が何らかの原因(怪我・病気・弱視など)で視力が弱くても、
矯正度数に差がなければ不同視とは言いません。


ですので、左右の視力に差があっても、必ずしも不同視という事ではありません。


ビリヤードのボールが当たったことで、何らかの外傷を受けたのかもしれませんし、
偶然、その頃から片目だけが屈折異常を起こしたのかもしれません。
外傷がきっかけで屈折異常が起こったらしい、という事例も過去に経験はあります。


眼科では、両眼を0.7くらいに言われたんですけど、
そちらではどう言う風に対処しますか?



ということですが、
両眼を0.7にするというのは、おそらく聞き間違いか、勘違いかと思います。
視力の良いほうの眼をあえて見えにくくすることに、何のベネフィットも見いだせないからです。

当店の方針としては、
可能な限り、両眼の視力を引き出すような矯正を選びます。
両眼ともに完全矯正値が理想ですが、場合によっては無理なこともありますので、
両眼完全矯正値から調節バランスを取った度数に雲霧することになります。
左右差が大きくてそれも無理な場合は、
小さな差から始めて、徐々に差を大きくしながら調節バランスを取れるような方向にしていきたいです。



ただ、こういう電話相談は、相談者の屈折状態がまったくわからない以上、
一般論をお話しするだけに留まります。
個別のご相談には全く当て嵌まらない可能性もありますので、結局は、
一度見てみないとわかりません
というご返答しか出来ないわけです。


尚、当店はメガネ小売店ですので、
診断などを目的とした行為は行っておりません。
あくまでもメガネをお作りする目的で、屈折検査のお手伝いをするだけです。
お客様とご相談の上、装用度数を決めるお手伝いとアドバイスをして、
最終的にはお客様に判断していただく形となります。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

輻輳(寄り目・寄せ目・内寄せ)

前回に続いて輻輳(ふくそう・寄り目、寄せ目、内寄せ)の話。

近くのものをみようとするとき、輻輳とともに、調節縮瞳(しゅくどう・ひとみが縮まる)が起きます。
これらは密接に関係していて、近見反応といいます。

それを踏まえまして、輻輳には4つの種類があると書きましたが・・・

・緊張性輻輳
第一眼位(水平方向・正面を向いた状態)で、平行眼位を維持しているときの内寄せ。
内直筋の緊張によるもので、覚醒時には常に存在し、睡眠時にはありません。

・調節性輻輳
調節に伴う内寄せ。
調節と内寄せとは近見反応として相伴うものですが多少の過不足はあります。

・融像性輻輳
融像に伴う内寄せ。
調節性輻輳は、同じ人でも必ずしも一定していないため、その過不足を調整するために融像性輻輳が必要となります。

・近接性輻輳
物体が近くにあるという感覚によって起こる内寄せ。



隠れ斜視などといわれる、外斜位や間歇性外斜視では、
第一眼位を維持するために、内直筋を収縮させ、平行眼位を保とうとします。
このときに起こる内寄せは、緊張性輻輳と融像性輻輳です。
近くのものを見るときには、これに調節性輻輳と近接性輻輳が加わります。


目を空けている間は、特に内直筋が頑張っています。
目を瞑って休ませるのはもちろん、
遠くを見たり近くを見たりするストレッチ、眼球を上下左右に大きく動かすストレッチなどで、
休ませてあげましょう。

尚、近視のかた、中高年のかたは、硝子体の撹拌により後部硝子体剥離を誘発する可能性があるので、
ゆっくりと動かしましょう。



さて、現在、割と普及しているこんな視力表があります。

170721_1.jpg

眼前の1m程度のところに置かれる、黒っぽい色をした省スペース検眼機というものです。
画面にはレンズが置かれ、光学的には5m視力表に準ずることになっていますが、
画面の枠、筺体が融像刺激となり近接性輻輳が喚起される恐れがあります。
また、この種類の視力表は視標の背景が黒のことが多く、これも調節の喚起に繋がります。
調節と輻輳は連動していますので、眼位や屈折度数に影響します。

より正確な検査を求めるなら、省スペース検眼機や、3m視力表で検査をすることをやめるべきです。
省スペース検眼機は論外ですが、(騙されて買った私が言うので間違いないです)
3mのスペースがあれば、ミラー反転で5mにできるはず。
ユーザーのために、検査距離はしっかり5mを確保するべきだと思います。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

次のページ

FC2Ad