FC2ブログ

こちら金沢市のメガネ店OptPal(オプトパル)です

白内障

最近、見えにくくなってきたので、度が変わってきたのでは?

とご来店いただいても、測定してみると、明らかに正常ではない矯正視力しか得られないことがあります。
原因は眼の中の何かしらの異常なわけですが、白内障だけは容易に想像が付きます。

・オートレフラクトメーターにエラーが多い
・オートレフラクトメーターと自覚的屈折検査で得られる度数が大きく乖離している
・レチノスコープで網膜反射を見ると影が見える

という所見が伴うからです。

すべての機種に当てはまるかは不明ですが、
少なくとも当店で使ってきた3台のTOPCON製オートレフラクトメーターでは、
白内障があると、他覚的屈折値が遠視性の倒乱視側に大きくズレることが多いです。



さて、矯正視力ですが、度数を強くしていけば良くなるものではありません。
完全矯正値で視力はピークとなり、低矯正(弱い)でも過矯正(強い)でも視力は下がります

白内障があり、矯正視力が不十分なかたから、
「メガネで何とかならんの?」
「もっと強く出来んの?」

と言われることも多いですが、残念ながら、完全矯正値を超える強い度数を入れても(過矯正)
矯正視力は落ちるだけです。

この完全矯正の状態で、
あるいは、手元用のメガネの場合は、完全矯正値に適切な近用加入度数を加えた状態で、
その見え方が、そのかたの要求に対して十分であるなら、
メガネの度数を変えればとりあえずは問題ないのですが、
不十分なら、メガネではどうすることも出来ず、選択肢は手術ということになります。


「手術をすれば、必ず見えるようになるの?」
と聞かれるかたもありますが、
それは私がお答えするのは憚られる質問でして、医師にご相談ください。

白内障手術に関して、
「しなければよかった」とか「もっと早くすれば良かった」などと
正反対の意見を聞いたりもしますが、
それは手術後の満足度のレベルが人によって違うという部分もありますし、
事前のインフォームド・コンセントが不十分で、
患者さん側が手術に関して過度な期待を持たれてしまった、というパターンも見受けられます。
モノビジョンのトラブルなどがその典型ですね。



メガネではどうすることも出来無い部分は、私がどうこうすることも出来ませんので、
事前にドクターと話し合って、十分な説明を受けてご決断ください。
場合によっては、セカンド・オピニオンなども活用して、
十分、納得されてから治療をお受けになるのがよろしいかと存じます。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

片眼のみ白内障手術を受けた場合

片目だけ白内障の手術を受け、左右の明るさの違いに不快感を抱いている、
というかたからの電話相談を受けました。


白内障手術を受けると、羞明(しゅうめい・眩しさを感じること)を感じる場合がありますが、
片眼の場合は、手術を受けていない方の眼が、多少なりとも白内障を起こしていることも多いため
明るさに関して、左右のギャップが大きくなりがちです。


ただ、残念ながら、レンズの透過率を下げるには色を付けるしか方法がありませんので、
左右で色を変えたり、濃度を変えるというのは現実的ではありません。
見た目という点はもちろん、正確に左右眼の感覚の差を埋めるのは難しいです。


「光の干渉」という現象を使って、
無色レンズでありながら透過率を下げる、という謳い文句のレンズもありますが、
視感透過率という数値では、ノーマルなレンズに対して1%程度下がるくらいで、
その効果はプラシーボの域を出ない程度だと考えております。
手術を受けた側をこのレンズ、非手術眼をノーマルにしたところで
ほとんど効果は得られません。


片眼のみ白内障手術を受ける場合は、不同視(左右眼の屈折度数の差)の問題が多いのですが、
明るさ・色味の違いも問題になってきますね。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

間歇性斜視の若い女性

以前、強度近視用ウスカルフレームでメガネをお作りしたかたが、
娘さんのメガネの新調のために再びご来店いただけました。
ご家族やご友人を紹介されるのは、大変光栄でありがたいことです。


ご所持のメガネを拝見すると、かなりの不同視のようです。
完全矯正値で、右目は-6.50Dくらい、左は-3.50Dくらいの近視性乱視でしたが、
遠見は左眼優位の間歇性斜視でした。
近見では両眼視出来ており、バゴリーニSGテストも正常でした。


オルタネイトカバーテストでは17△、一部融像除去眼位の時計テストで16△あり、
10△程度プリズム矯正すればほぼ抑制も消え、両眼視は可能でした。
将来的に、恒常性の斜視に移行していくリスクはありますのでプリズム矯正はしたいところですが、
未成年の女性という事もあり、美容的な目的でプリズム矯正はしませんでした。
その代わり、融像・輻輳力を強化するためのビジョントレーニングの指導と、
斜視手術の適応になるかの相談に、視能訓練士の在籍する眼科への受診をおすすめしました。


手術にはリスクはありますが、
間歇性斜視を放っておくことにもリスクはあり、
プリズム矯正にもデメリットはあります。

総合的に勘案して、判断していただけましたら良ろしいかと思います。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

不同視のご相談

まだお若い声の男性の声で、
「嫁が不同視で、メガネが合わずに苦労している」という電話相談がありまして、
その日の午後のうちにご来店されました。


電話口では、例の「根拠の無い2Dの差」で低矯正を強いられているのかな、
と思いましたが、実際はちょっと違っていました。


お持ちのメガネは
R=Sph-0.75D Cyl-0.50D Ax170
L=Sph-2.25D


R=Sph±0.00D
L=Sph-1.75D

の2本で、主訴としては疲れる(特に左目)ということです。

両眼開放屈折検査による完全矯正値は
R= Cyl-0.50D Ax160
L=Sph-2.00D Cyl-0.50D Ax180

眼位はほぼ正位で、不等像視もほとんどありませんでした。


ご所持のメガネのうち、前者は右目の過矯正で完全にアウト、
後者は1.75Dの差で、一応、教科書的にはOKな差であり不等像視も無いのですが、、
このかたは、左右差への耐性が弱いためか、非常に疲れを自覚しやすいようです。


上のリンク先の記事のように、私自身は不同視の矯正に限界は設けておりませんが、
お客様の方に限界があるようではしょうがありません。

ただ、これで諦めてしまっては、
わざわざ七尾市から来られたことが徒労に終わりますので、
克服できるであろう左右差を慎重に見極めて、
少し左右差を減らすような処方でメガネを調製しました。

そのメガネと、ご所持の1.75Dの差のあるメガネを併用しながら徐々に耐性を付けていき、
将来は両眼ともバランスの取れた度数を掛けられることを目指しましょう、
というものです。
一度には無理でも、段階を経れば左右差に慣れていける、という症例はたくさん見ています。


不同視の放置は、両眼視機能という私たちの基本的な能力を阻害するものです。
長い目で見ると、斜位の発生や、抑制の発生による単眼視など、
問題のある事態に繋がりかねません。
そして、へリングの等量神経支配の法則を鑑みても、決して良い状態でないことは確かです。



不同視を積極的に矯正することは必要なことですが、
同時に違和感というクレームが出るリスクが高まります。
これ以上の差は無理ですよー
とか簡単に諦めてしまえば安全なんですけれども、
お客様の眼に寄り添った眼鏡技術者としては失格だと思っています。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

片目だけ白内障の手術

今年の1月に右目の白内障の手術を行い、とりあえず遠近両用のメガネを作ったが、
どうもしっくりこないので相談したい

とメールで連絡を受けました。

ああ、またモノビジョンの失敗か・・・・
とも思いましたが、ご来店されてお話を伺うとそうではなく、
42歳で右眼のみ白内障の手術を受けたということでした。

現在眼鏡は手術を受けた眼科で処方された
R=Sph-2.50D Cyl-1.25D Ax5 ADD+2.50D
L=Sph-3.50D ADD+1.00D
という累進レンズでした。

どうしてこういう処方になったのか、その意図は理解できます。
右目は調節力がゼロなので近用加入度は+2.50D
左目は調節力が残っているので近用加入度は+1.00D
という根拠でしょう。



その結果として、お客さんの主訴は、
・パソコンや手元が見えにくい
・右目と左目のピントが同時に合わない

というものです。
絶えず首を上下にカクカクとさせて見える位置を探っていらっしゃる様子ですが、
どの角度にしてもしっくりこないようです。


調節力のある年代で、片眼のみ白内障を受けるという事例は
かなりレアなケースであるのは間違いないです。
私も、30余年の眼鏡屋人生でも経験はそう多くないですし、
こういうケースではこう対処すべし、という経験則と言えるほどのものは未だにありません。
が、この処方だけはオカシイやろ!と直感しました。



不具合を眼科に伝えても、
眼科は
「そんなもん」
「慣れなさい」


作ったメガネ屋に言うと
「半年以内なら交換するので、眼科で再処方してもらってきてください」
だそうです。

もう八方塞ですね。(>_<)



両眼開放屈折検査による完全矯正値は
R=Sph-2.50D Cyl-1.00D Ax180
L=Sph-3.25D Cyl-0.25D Ax10 2△B.in
です。
眼科の処方度数は、やや強いながらもまあまあ妥当な遠用度数でしたが、
左右の加入度数がこれでは、中間から近くに関しては見えにくいことは容易に想像できます。

このかたの場合、仕事でデスクトップパソコンを使う、
30cm程度の距離で小さな部品を目視する、
ということでしたので、
仕事で必要な中間から近方の見え方を重視して、
考えられる色々なパターンで実際に見て頂いて処方値を決めました。

使用環境の聞き取りといったカウンセリング、
デモレンズでの試行錯誤、そして説明など、かれこれ3時間半くらい掛かりました。
眼科では、一人の患者さんにこれだけの時間を掛けての眼鏡処方はできませんでしょうから、
処方箋は発行せず、メガネ店に丸投げしたほうが良いかと思うんですが・・・。


金沢市西念4丁目19-26 プレイヤード102 OptPal(オプトパル)

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

次のページ

FC2Ad